キーワード
スピーカー設置について
サブカテゴリー: 音響機器全般
名前:
たか
スレッドNo.:17779
登録日:
2019/08/12 11:13:58
記事No.:65784
小規模ライブやイベントで、自前PAの勉強のために時々PAの手伝い(搬入、設置、ステージ補助程度)に行っています。

ステージの前面左右にFOHのスピーカーを置き、演奏者用に、あるいはステージサイドにモニターを設置するのが普通で、私も自前PAの時には考えることなくそのように設置していますが、
客席にいて、演奏者と音の出る方向が違って違和感を感じることがあります。

ふと、

たとえば、ゆずさんのようなアコギ弾語りの二人組などの時には、
それぞれの脇にスピーカーを設置して、それぞれの音だけを出してあげた方が、客席で聞いた時に違和感がないと思うのですが、
普通に見かけないのは、問題があるのでしょうか?

もちろん、音量を上げることができない、ハウリングしやすい、などは推測できますが、
生音重視のPAなら良い方法ではと思っています。

モニターの音と干渉して音が悪くなる・・・
演奏しにくい・・・
恰好が悪いしじゃま・・・などなど、

メリット、デメリットなどご指摘いただければ嬉しいです。

名前:
ワンマン
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/14 7:40:59
記事No.:65786
小規模なワンマンライブならアリ
出演者が入れ代わるなら無理ですね。
大きなスピーカー使えないので大規模なライブは無理ですし。

楽器のアンプの様な感じでマイク刺さってリバーブ入ってる簡易PAをヴォーカルが使って
楽器は全部生音のジャズカルテット観たことありますが格好良かったですよ。

小規模ならアリです。
名前:
たか
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/15 14:24:12
記事No.:65789
ありがとうございます。

キャパ50人程度で、
生音で良いけど、少し補強したい。バランスを取りたい。
より自然な雰囲気で音楽を楽しみたいって時には、
PAの選択肢の一つであってもいいのでは?と思ってるのですが、
そのようなライブにお目にかかれません。
常設機材を変更したくないってのもあるのかな?
名前:
そた
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/15 23:43:08
記事No.:65790
前提的にPAは全客席に均等に同じ音質、音量を届けるのを理想としてるかと思います。そのやり方だと席によっては近い方のスピーカーの音(近い演奏者)しか聞こえないのでは?
見た目を無視すればど真ん中に1個スピーカーを置いた方がまだマシな気がします。
その辺を考慮すると50キャパならBOSE L1などがかなり的を得た商品ですね。
名前:
たか
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/16 22:33:58
記事No.:65791
そたさん、それでいいのでは?とも思っています。

そもそもクラシックのコンサートではオケであっても、弦楽四重奏であっても、
大ホールであっても小ホールであっても、近い演奏者の音が近くで聞こえるのが
生演奏では自然ではないでしょうか?
PAは、ガッツリ音を届けるのもありだし、生のライブ感を重視して生音を大事にするのもありだと思います。
生音を補強するPAなら、その楽器の近くに置くと良いのでは?と迷っている次第です。

BOSE L1は確かにその用途にぴったりですね。180°の指向性は驚きです。
でも、音的に好みではなかったので、私はEON ONEにしました。
これがあるので、試してみたいんです。



名前:
PA必要ないんじゃない
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/17 21:11:41
記事No.:65793
そんならPAしない方が良いんじゃない。
壊すだけかもよ。
名前:
PA必要ないですね
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/19 1:15:06
記事No.:65797
例えば下手側に居るお客さんが「上手のギターが聞こえない!」っとなれば下手側のスピーカーにギターを少し出してあげたりする事も生音の補強になると思うけど…音質の補強も大事だけど音量の補強の方が大事。音の小さい楽器を上げて全体のバランスを取るのが僕らの仕事では?
ロック系のエレキギターのアンプ前に座ったお客さんなんてアンプの音しか聞こえない。そんなコンサートがあったら即クレームだね
名前:
たか
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/21 0:03:19
記事No.:65806
たとえば、
邦楽の舞台では尺八一管に対して箏三面、三絃五挺でバランスを取ります。
また、並びや反響版でバランスを作ります。

ですが、それぞれの演奏者が一人では、どうしても三絃が弱くなります。
この時に、尺八や箏は生音で、三絃の後ろに補強用でスピーカーを一個置いて三絃の音だけを補強すればいいのでは?と思っているのですが、
多くの現場ではステージの左右に置いて、必要のない尺八や箏の音も出して雰囲気を壊していて、
とても違和感を感じるのです。
名前:
PA必要ないですね
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/22 22:53:31
記事No.:65814
おっしゃってることは分かります。
何度も申し上げますがそれはPA必要ないですね。
楽器アンプでも使ってやってください
名前:
たか
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/23 7:50:50
記事No.:65815
PA必要ないですね さん、
申し訳ありません、PAが前提でお願いいたします。
楽器アンプは持っていませんので、手持ちのPA機材を使うしかありません。

先月、キャパ60人の図書館でピアノ+フルートのミニコンサートを行いました。
フルートは生音ですが、フルートの方のおしゃべりようにハンドマイク1本、
ピアノはYAMAHAの CP4でした。
おしゃべりは「PA必要ないですね」としても、ステージピアノは何らかのPAが必要です。
キーボードアンプは持ってないし。

その時は何も考えないでフロント左右にEON ONE を立て、
フルートとピアノにそれぞれ簡単にbose 101でモニターを返したのですが、
今思うとステージ奥にEON ONE1本で、モニターなしでもよかったのでは?と思っています。
名前:
PA必要ないですね
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/23 22:34:05
記事No.:65816
先にも話がありがしたがモニターなしでステージ奥にEON置いてやるのは良いんじゃないですか?
たかさんがやりたいのはフルートは生でキーボードの横にスピーカーを置いてキーボードだけを鳴らすやり方では?
何を論点にしてるのか分かりません
名前:
たか
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/24 1:36:58
記事No.:65817
はい、

アマチュアの音楽グループやバンドさんでは、ステージの奥に簡易PAのステージパスを設置して、
それだけで演奏している場面を良く見かけるのですが、

プロの音響屋さん?が入った現場では、それほどPAの必要のないステージでもフロント左右にスピーカーを設置していて、
ステージパス方式をあまり見かけません。

どちらが良いか論ずるのではなく、
その理由と言うか、メリット・デメリット、
ステージパス方式での注意点、モニターの使い方などのいろいろなご意見を伺いたいのです。

明日も唄、囃子、三味線、尺八の民謡のPAを行いますが、
明日はFOHスピーカーで、SX300で行こうと思っています。



名前:
出口から改善
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/25 15:35:27
記事No.:65821
楽器用アンプをステージ奥に並べる感覚でスピーカを配置し、声などアコースティック系の音源をマイクで拾うとスピーカとマイクが近くで向かい合うのでハウリングしやすく、音量が取れないということになります。
楽しみでやっているアマチュアの場合、メインアウトの音を演奏者も聴きたいということなのでしょう。
プロだと、ハウリングは最も避けたものであるので、ステージサイドにペアで配置してできるだけ観客寄りに置けばマイクの指向性と拡声音の方向(低音を除く)が交差しないし、距離もとれるということになります。

このユニットとかは、ハウリングしにくいですが。これの数世代前のやつでカラオケをコンデンサマイクでやってましたが近接でもハウリングしませんでした。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/38758/
唄、囃子、三味線、尺八にはピッタリの音質だと思います(バックロードホーンに入ったものがヨドバシカメラ 秋葉で視聴できます。ペアで数十万円のシステムに負けない音離れの良さです。)
その旧型のものを大き目のバックロードホーンに入れたもので(エレクトーンの代わりに積み上げた、ペダルあり)キーボードの音を200人クラスの小ホールで鳴らしましたが十分な音量でした。)

https://www.manualslib.com/manual/43900/Electro-Voice-Sx300.html?page=2#manual
SX300ですが、上記の特性図を参考に、6.7kHzのピークとか、ハイ上りな傾向をうまく手なずけると和楽器に結構合うと思いますよ。
名前:
簡単じゃない?
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/08/28 15:37:08
記事No.:65822
単純にFOHとモニターを兼用するか別々にするかの話だけじゃない?

兼用
メリット:台数が少なくて済む
デメリット:お客さんにとって最適なバランスが最重要視されるので、ステージ中音のバランスが悪くなる可能性がある

FOHとモニター別々
メリット:演者のやりやすいバランスと客へのバランスを別々に調整できる
デメリット:機材量が多い、音の回り込みがあるのでバランス取るのにある程度の音量がいる

PAにとっては演者もオーディエンスも客なのでどっちの要望も満たさなきゃいけないけど、それが上で言うステージパス方式だとかなり制限がかかり満たせられない可能性が高いからプロはやらないんだと思うよ。
記事の投稿
名前: