キーワード
ZENN CE85について
サブカテゴリー: 楽器全般
名前:
猫田猫造
スレッドNo.:17703
登録日:
2018/12/19 0:46:59
記事No.:65222
はじめまして 猫田猫造と申します
ギター歴46年 歳が判りますね。使用している生ギターは70年代の
K・YAIRI数本です。
通りすがりのリサイクルショップで偶然御社のZENN CE85を手にしました。
不思議に重たいな・・・でも、表板がきれいだな・・・数か所に傷がついて
いましたが一目惚れで買ってしまいました。
値段は2万3千円でした。弾いた感じ詰まりがあったので、牛骨サドル
を外すと嵩上げの為か1mmほどの牛骨がポロンと落ちました。
まあ、安いものなので、骨を買って好きな形に作り直したところ、振動
ロスがなくなったのか本来の木の反応が返ってきました。
価格からは想像できないような芯の部分が澄んだ音です。いい事ばかり
ではなく、サドル下のピエゾ、1弦6弦の反応が弱く使えないですね、
チューナーも^^ まあそんなことは差し引いても、生ギターとしての
完成度は現在の技術の進歩を感じましたね。友人へのプレゼントに、
最近の東海Cat’eye 中国工場で作ったシリアルなしのプロトを20万
円ほどで購入しましたが・・・それに勝るとも劣らない1本です。
どこのメーカーでも個体差当たり外れはありますが、私が出会ったもの
ズバリ大当たりだったんですね。感謝しています。
記事の投稿
名前: