キーワード
Xvive / XV-U3は使えますか?
サブカテゴリー: 音響機器全般
名前:
転換
スレッドNo.:17689
登録日:
2018/11/01 4:06:41
記事No.:65020
文化祭やミュージックスクール、カルチャー教室の発表会などで、
ウクレレ、ハーモニカ、コーラス、民謡、オカリナ、バンド・・などなど、
多くの出演団体があり、その転換たびに5〜6本出したマイクの並び変えが必要で、
マイクを出し入れするたびに煩雑で番組が進むにつれて絡まって、しまいにはスタンドが倒れそうになったり、
ケーブルが絡まって遠くに伸ばせなくなってしまいます。

要領良くすればいいのか、ステージ作業の人間を増やせばいいのかもしれませんが、
サウンドハウスさんのサイトを見ていて、Xvive エックスバイブ / XV-U3を見つけ、
ふと、これを5〜6組使ったら、その煩雑さから解放されるのでは・・と思ってしまいました。

実際のところ、どんなもんでしょうか?
実用的で、トラブルなく使えそうでしょうか?
もちろん、大事なところは有線で、マイク1本くらい死んでもさほど影響がないグループセクションで使おうと思っています。
名前:
2.4g
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/01 6:49:23
記事No.:65021
一般論ですが2.4g帯のワイヤレスで周波数固定式のモノは音途切れますねぇ
wifiとか飛びまくってるから、、、
コレの説明文に双方向通信して云々って書いてないので周波数固定っぽいけどどうだろ?

AKGとかSAMSONのB帯でも良いと思うんだけど?
わざわざコレ使う理由って例えばアカペラグループのボイパとか
マイクに特別にこだわってる場合だけだと思うんだけど。
名前:
中継箱
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/01 9:12:10
記事No.:65023
ワイヤレスはどうあがいてもトラブルを起こすのでなるべく使いたくないです。
音も悪いですし、管理する項目も恐ろしく増えるし・・・

私の場合ステージ上で中継ボックスを数か所に置いて転換の際はマイクをケーブルと一緒に外して移動させ設置後にまたコネクターを刺すようにしています。

中継ボックスはXLRとフォンの変換も兼ねた作りになっておりキーボードやマルチエフェクターを受け取るようにステレオペアで一つとして使っています。

問題はコストで、安く済ませるために ART DTI を材料にトランスを撤去して直結した物を使ってます。
これだけでも転換がとても楽になると思いますよ。
名前:
転換
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/03 9:44:44
記事No.:65045
これまではB帯の定番?のPANASONICとSAMSONで4波、ヘッドセットや会場のインタビュー、MC、時にメインボーカルに使っていたのですが、昨年10月あたりから、会場して客を入れると大きなノイズや発振音が起こるようになりました。

そこで2.4Gを検討し、なじみの音響会社さんからもaudio technicaのATW-13シリーズを勧められ、評判も良いので購入を考えていました。
そこにXvive / XV-U3を見つけ、ATWの値段+αで5波使え、普段58や57を複数使っているとこをコードレスにできると思った次第です。

評判を見ても、音質には問題はないし、多少の遅延も問題の無いレベルですし、
使うマイクを選ぶことができるのは非常に魅力で、トラブルが出てもマイクケーブル引けばいいし・・とも考えています。

懸念はやっぱり音切れと、ステージ横に設置したミキサーやステージボックスにレシーバーを並べて差し込んで問題が無いかです。

それに、AUXをパワードミキサーにワイヤレスで送ることも出来そう・・・

と、とりあえず2セット注文してみました。

11月9日のステージのリハーサルで試してみます。
何度かリハや簡単なステージで使ってみて、問題がなければ本番でも使ってみます。

皆さんも、使ってみての感想、使い方のアレンジ、良かった点、悪かった点、トラブル事例などがありましたら、
ぜひお願いいたします。
名前:
密集したら
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/04 20:57:59
記事No.:65071
無線系は密集すればするほど環境は悪くなります。
2.4Ghz帯はB帯よりさらに環境に弱いので転換さんの思惑は完全にハズレです。
2.4Ghz帯を複数使うと、どの機種でも5mくらいしか通信できなくなり、ノイズや途切れが発生すると思いますよ。
名前:
2.4g
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/05 13:14:57
記事No.:65078
audio-technicaのATW-1102を3Uのラックに6台入れて音途切れるって人が居ましたね。
レシーバー離して設置すれば全然途切れないんだけど。
ATW-1302の方でレシ-バーをリンクすると、より良いみたいだけど。
LINE6 XD-V35は1台でも音途切れますねぇ(周波数選択して固定だし)

ミキサーの入力に XV-U3のレシーバーが並ぶのはマズイんじゃないかな。
適当にケーブル入れて離さないと。
名前:
転換
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/05 16:04:18
記事No.:65080
密集したらさん、2.4gさん、

とりあえず2セット届きましたので早速試してみました。
使い方は超簡単で、セットするだけです。何の手間もいりません。

音質は問題なく、マイクの音そのままの感じ。
音楽仲間3人でブラインドテストしてみました。
マイクは定番のSM58と、OM6です。
1mのカナレのケーブルを介してスプリッターで分岐し、それぞれミキサーに入れました。
ミキサーはPRESONUSのStudioLive 16.0.2 。スピーカはパワードでMACKIEのSRM450ひとつ前モデルです。

A:10mのカナレのマイクケーブル
B:10mのクラシックプロのマイクケーブル
C:XV-U3で、

3人共通していたのは、Bが一番だめ。
AとCは多少違いはある?ものの、どちらが良いとは言えないし、どちらがXV-U3かわからないです。

声での遅延は感じません。
ちなみに、DAWソフトで見てみると、1Kのサイン波で約4ms弱でした。
ATW-1322が使用では3.8mですから同等で、ATW-1102よりは遅延しないようです。

問題は音が切れるかですね。
1時間ほど使って途切れることはありませんでしたが、
部屋とステージとでは違いますし、リハーサルと客の入った本番でも環境は違いますからね。
おまけに、双方向通信ではないようです。


知人の音響屋さんでも、ATW-11・・は途切れるけどATW-13・・は途切れないと言ってました。
だからATW-13シリーズを買おうと思っていたのですが、いまさらに迷っています。

トランスミッターをマイクに付けたままでのマイクホルダーからの脱着ですが、
マイク純正のホルダーでは無理です。
ですが、CLASSIC PROの CM5に付属しているマイクホルダーなら、柔らかいので難なく脱着できます。

「途切れることがある」のを前提で、いろいろ試してみます。







名前:
使い勝手良いですよ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/16 12:56:50
記事No.:65152
ギター・ベース用のものがとても評判が良いので、XLR版を購入してみました。
結果として、使い勝手も良くとても満足しております。
Line6の楽器用やワイヤレスマイクなど2.4Ghzも所有しておりますが、それらよりは安定しているように思います。

また、正規の使い方ではないのですが、ワイヤレスのイヤモニとしても活用できます。
試しにべリンガーのPOWERPLAY P2 と接続してみましたが、ワイヤレスのイヤモニとして機能しました。
現場での使用はしておりませんので、お試しされる方は自己責任でお願いします。

使い方次第では、X-AIRシリーズなどのラック型ミキサーのヘッドフォン検聴用にしたり、逆にラックミキサーへのSEの送りに使用したり、パワードスピーカーへのライン送りなど色々と活用できそうです。

まあ、2.4Ghzワイヤレスなので使う場所や状況は選ぶと思いますが・・・
記事の投稿
名前: