キーワード
配線の引き回しについて
サブカテゴリー: PA機器
名前:
maccer
スレッドNo.:17669
登録日:
2018/09/13 10:52:32
記事No.:64875
プロのPA様へ質問させてください。

Q1.
PA業界では、
・ミキサー → パワーアンプ 間の配線と
・パワーアンプ → スピーカー 間の配線は
どちらを短くするのが常識でしょうか?
名前:
好みじゃね?
いいえ[ 3 ]
はい[ 1 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/09/13 11:04:01
記事No.:64876
自分はパワーアンプ → スピーカーの方を短くしてる
音とかの問題じゃなくて
スピーカーケーブルは他に使い道ないから持ち運ぶ量を最小限にしたいし、届かない場合の延長もメンドイ
ミキサー→パワーアンプ間のXLR-XLRはどうせ沢山持ち込むし、延長も容易
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/09/13 14:43:02
記事No.:64878
好みとかじゃなく理由があります。

低い電圧で高い電流が流れると電力損失がとても大きくなります。
損失を補うためにはケーブルのサイズを太くするのですがケーブルの太さと長さに比例して高周波域の特性が悪くなります。

ツイーターを5.5sqで配線したとか、間抜けな事をしている人を見かけますが、とんでもない間違いですね。
名前:
場合による
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/09/13 14:45:52
記事No.:64879
電源の兼ね合いや場所の兼ね合い等による
ミキサー→パワーアンプ(卓側)→スピーカーに置くとスピーカーケーブルを何本も引くことになりかさばるから
基本は
ミキサー→パワーアンプ(ステージ袖)→スピーカーが多い
ミキサーからパワーアンプまではマルチケーブルとか使えるし。。。

ただ電源がミキサー側になるとか、ステージ袖に場所がない場合は等は卓側に置くなどをします。
でも基本は スピーカーケーブルが短くですね。
名前:
いろいろ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/09/13 19:28:24
記事No.:64880
ダンピングファクターは音に影響を与えます。
スピーカーケーブルは短くできれば短いほど有利です。

アナログでケーブルを引く場合、ケーブル的にはインピーダンスとキャパシタンスが問題になります。
距離以外にも音に影響を与える要素があるので、一概にどちらが有利かは言えません。

今は、アンプまではデジタルで伝送できるので、スピーカーケーブルは極力短くするのが正解ではないでしょうか。
名前:
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/09/14 12:54:43
記事No.:64882
1000W超えるとスピーカーゲーブルも太く重い物を使うから
ダンピングファクターや音質の事もそうだけど
単純に太く重く高いゲーブルを長くするか
アナログにしろデジタルにしろ細いケーブルを長くするか
どつちが楽か答えは明確

あと高出力でスピーカーゲーブル長くすると
損失するパワーもバカにならない
軽く100Wぐらい損失する
名前:
電気の常識さんへ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/09/29 19:53:33
記事No.:64916
2WAY 3WAYの場合ケーブルは細くする必要があるのでしょうか?
できるだけ細くすると高域に良い結果が出ますか?

また、マルチアンプ方式の場合高域の配線は細いケーブルを使い、低域には太いケーブルを使用するのですか?

ツイターに太いケーブルを使用しないという話はあまり聞いたことがないのでお聞きします。
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/09/30 5:58:13
記事No.:64918
一般的なスピーカーケーブルとして取り扱われている物であれば、それほど意識する必要は無いかと思います。
0.5〜1.25sqでケーブル長が20m程度であれば聴覚的にはあまり影響はありません、3.5〜8sqとか使うなら可聴域にも影響してきます。
2〜3m程度で使うホームユーザーであれば極太ケーブルで鳴らす方が良い結果になるという事もあります。

例えばフルレンジ2x500w規模3.5sqで20mの場合12KHzくらいから特性が垂れてきます。
これはケーブルがコンデンサの役割をしてしまうためイコライザでも補正する事が困難です。
ベルデンの海蛇も無暗に長い距離を使うと高域は全然でなくなります。
この場合はイコライザで補う事は可能です。

キャパシタンス→ハイカット(ケーブルが電力を消費してしまう)(無効電力)
インダクタンス→LPF(高周波を通りにくくする)
名前:
電気の常識さんへ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/02 19:57:42
記事No.:64924
早速のご回答ありがとうございます。
「3.5〜8sqとか使うなら可聴域にも影響してきます」とのことですので、
太いケーブルは長い距離の音響用に適さないと理解でよいでしょうか?

音的には細めのケーブルが良い…

ありがとうございました。
名前:
PAですよね?
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/03 10:33:02
記事No.:64925
スピーカーケーブルを、
太いケーブルで短いのが適切ではないですか。
長く配線するとローの締まりがなくなります。
PA用のアンプだと、補正する機種が、あったりします。
細いケーブルと、5.5sqくらいカナレなら4S12とか鳴き比べしたら分かると思います。
名前:
好みじゃね?
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/03 12:48:32
記事No.:64926
PAだからさ、アンプをPA席に置くが舞台袖に置くかって話だよね。
普通は舞台袖に置くよね。同じ銘柄のアンプなら左右(上手下手)に置いても良いかな。
PA席(客席後ろ?)〜舞台袖までのマルチケーブルの分スピーカーケーブル短く出来るよね。
それに、いつでも同じような長さのスピーカーケーブルで済むよね。

たま〜にPA席から長〜いスピーカーケーブ引く人もいるけどね。
電源と信号線引くよりスピーカーケーブル1本のが楽?とかそんな理由でしょう。
音とか気にしてなさげ。

パワードスピーカーはある意味究極。
名前:
カタツムリ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/03 22:37:40
記事No.:64927
実際は、現場の状態によるものが大きいと思われますが
理想としては、スピーカーケーブルを短く取り回したいです。

電力の浪費や、特定の周波数帯の減衰もありますが
ミキサー→パワーアンプは、バランス接続で若干ながらノイズに対する安心感があるものの
スピーカーケーブルは、アンバランス接続となり、ノイズの干渉を気にしてしまいます。

*細いケーブルが音的に良いとは限りません。
 20mを0.5sq以下のケーブルで引き回すのは、お勧めしかねます。
 各音響メーカーで、スピーカーケーブルの推奨のケーブルの長さを製品マニュアルに乗せているところもあるので探して見てください。

でも、やっぱり現場の状況が優先になって配線を組むことが多いですねー
名前:
表皮効果
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/04 10:00:10
記事No.:64928
電気の常識さんの書き込みに素人的な書き込みがあるのが問題では?
高周波域の特性が悪くなるとの書き込みは電波のような高周波の話ではないのでしょうか?
それよりもケーブルの抵抗値による問題のほうがはるかに大きい気がする。

名前:
グダグダ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/04 22:01:51
記事No.:64930
上の書込みには12KHzくらいから特性が垂れると書いてある
単位はMHzじゃないぞ

4S11、3.5sq以上のケーブル2〜30mと
5mぐらいの適当な細いスピーカーケーブルを自分で比較視聴すれば解る
MP3 もビックリするぐらい高域が丸くなるのを体感出来る
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/04 23:50:46
記事No.:64931
根拠もなく否定して来る奴が出てくるだろうな、と思って少しボカして書いてみたけど、見事に釣れたw
無暗に太いケーブルを使う事に弊害があると知らなくてムキになってるんでしょうね。

まぁ実際の所、できるだけ太いケーブルを、どこまでのサイズにするかとか考えた話がしたいんですよ。
私の場合フルレンジを扱う際は3.5sqをメインで使ってます。
自分でも特性が垂れるって言ってますが、その状態で使う事が多いです。
何故なら、そんな所誰も気にしないんです、聞こえてないんです、頑張って鳴らしても無意味なんです。
13〜14kHzくらいまで出ていれば十分です。

まぁ、確かに0.5sqは私も無いと思います。

でもとにかくケーブルが太ければ良い結果になるなら、メーカーさんの機器のケーブルも太くしてくると思わない?
それはちゃんとメーカー側も適正値って物を踏まえた上でケーブルを選んでるからなんですよ。
名前:
しん
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/05 16:30:33
記事No.:64932
カナレのHPに周波数特性載ってた。(小さい画像だけど。。。)
https://www.canare.co.jp/pr4_008.php

4S8と4S10のグラフで、100mの条件でした、一瞬見て太いケーブルの高域ってもの凄い下がるんだな。と思っていたら桁が一桁違って200kHzだった(笑)
20kHzまでだったらこの画像サイズだったら認識出来ない程度しか下がってない。
更に、4S10の方が数db大きい。

って事はある程度太いケーブルの方が有利って事ですかね。
メーカーもスピーカー専用ケーブルで作ってるって事で、ちゃんと考えてるですよ。
名前:
そんなに良くないよ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/05 18:08:44
記事No.:64933
小さい画像だから何とでも言えるね。
個体差もあるだろうけどここまで良い特性のケーブルなんて見た事無いよ。
業界で言うパーフェクトデータだね。
名前:
測定方法
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/06 2:01:59
記事No.:64934
恐らくダミーロードでサイン波と電圧だけを割り出したグラフでしょう。
一般的な電気基準から見ても全く整合性が無いグラフだと思います。

実用的な減衰の値が知りたいのであればファンクションジェネレータ等で矩形波を用いて様々な帯域で波形を観測してみて下さい。
〇菱自動車の燃費データくらい酷い物が見れると思いますよ。
名前:
Q=CV
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/06 10:15:35
記事No.:64935
ケーブルを短くする根拠の一番の理由は抵抗値を低くするためと思います。
DF値が小さくなることの影響が大きいと思います。

スピーカケーブルを100m引き回すことの議論になっているようですが、
実際にみなさんやられているのでしょうか?
10m程度であれは1/10のロスになると思います。

Hi落ちになるような経験をされているならばよほどケーブルの質が悪いのではないのでしょうか?

ベルデンの海蛇も無暗に長い距離を使うと高域は全然でなくなります……
今でも話題になるのは高域が落ちることより、短い距離で使用するメリットのほうが大きいからだと思われます。

名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/06 12:52:44
記事No.:64936
結果的に弊害があると経験からの意見と、計算上そんな事はない筈だという意見。
現実に起きた事を伝えても、椅子に座ってるだけの奴は「そんな筈ない」と言って現場を困らせる。

実際にやってみたのか?
名前:
Q=CV
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/06 13:54:20
記事No.:64937
自分の中では、高域にこだわるなら
「リッツ線は、エナメル線を撚り合わせたもので撚り線とも呼ばれ、高周波用コイルの線材として使用されています。
エナメル線を素線に使用することにより、各温度指数に対応するリッツ線が得られます。
単線と比較して高周波領域での抵抗上昇が抑えられ、コイルの温度上昇を低くすることができます。
可とう性に優れています。」オヤイデ電気のHPより

ベルデンの海蛇も同じ感じでしょうかね!
ビニールチューブに通したり苦労がありますが。
名前:
ドカチン音屋
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/06 15:07:59
記事No.:64938
200m近くローインピで引き回す現場がありますが支障が出るほどの劣化は感じませんでしたよ、ちなみにいろんなケーブル繋ぎまくり(笑)4s6や平行線にその他…

現場で求められる音質はアナウンスが必要充分に聞こえればヨシでしたのでわざわざ1本物を製作はしませんでした…

現場で求められる音質を満たして効率的な設営が出来て採算が合うケーブルを選べば商売としてOKだと思います。
無駄に太くて長い物を使うプランをすれば荷物が増えて車両が大きくなり車両代が高くなる可能性もありますし作業効率が落ちます。
名前:
グダグダ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/06 15:53:12
記事No.:64939
まさしくグダグダ

アナウンスなら極端な話し、8KHzまで出なくても問題ないし
支障があるなしではなく、長い距離の抵抗値を下げる為に太いケーブル用意しても高域は
減衰しますよと言う話しで、まともな測定マイクで校正データ入れるなどちゃんとした測定環境で比較しないと意味ない
どこまで高域の減衰を許容出来るかの個人的な好みを語り合う場になるだけ

PA用途は、アンプ、スピーカーの組み合わせで
100V以上、20アンペア以上がスピーカーケーブルに流れるから
中途半端なケーブルは使えない
名前:
グダグダ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/06 15:56:21
記事No.:64940
補足

PA用途は、アンプ、スピーカーの組み合わせで
100V以上、20アンペア以上がスピーカーケーブルに流れるから
【オーディオ用の】中途半端なケーブルは使えない
名前:
グダグダグダ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/07 7:37:12
記事No.:64941
電源の話ならケーブルの問題があるだろうが、
スピーカ線ならCAT5ケーブル、300m引き回してもほぼまともに出る。
ドラム巻きのままテストで確認簡単にできます。
数百ワットを何百メーターも送ることも稀だから。

CAT5をNL8に結線して1CHとか2CHに変換して利用すれば安くて最高。

ドカチン音屋さんに同感しきり。
名前:
なんだかなぁ、、、
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/07 10:56:34
記事No.:64942
トピ主さんが知りたいのはそんなことじゃない感、、、
名前:
いろいろ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/07 12:03:01
記事No.:64943
話題が広がって良いかと思います
パワーアンプの設置場所から、ケーブルの話へ
1m数万円のようなスピーカケーブルの話まで広がると面白いです
名前:
ウザスッ!
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/08 21:44:10
記事No.:64944
無知だった人がこれで一つ賢くなったね。
場をシラケさせて終わりにしたい感じですか。
名前:
自由研究
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/08 23:11:53
記事No.:64945
CAT5をスピーカーケーブル?
何でも繋げば1Kmでも音は出るが抵抗だけじゃなく許容電流と言うものがある
普通にキロワットで使うサブウーファーのラインをCAT5で代用出来るか試してみるといい
名前:
シールド線
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/09 0:48:47
記事No.:64946
スピーカーケーブルの見積もりを間違えて緊急でケーブルを調達するためにカナレのマイクケーブル4芯シールド線を使ったら思いの外調子良くて普通にスピーカーケーブルとして使う事増えました。

600w規模でウーハーとフルレンジ25mで4本問、題無く使えた、むしろ結構良い感じで鳴る。
やたらと太いケーブル使ってもあんまり良い事無いとその時悟った。
名前:
意見
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/09 17:51:40
記事No.:64947
いろいろな意見考え方があって良いことだと思う、
自分お考えに沿わないとすぐうざいとかいう奴いるね。

名前:
802
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/10 14:12:54
記事No.:64949
BOSE802なんか普通にXKR端子なのでマイクケーブル使う事多いよ。
逆にスピコン-XLRの変換が市販してくれたらいいのに。
シールドと4芯なのでけっこう容量あるみたいです。
細かい単位でジョイントできるし便利ですよー
名前:
表皮効果
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/14 21:25:06
記事No.:64958
4S6のようなシールドケーブルの容量の問題より
表皮効果で得られる高域特性が勝っているということでしょうかね!
CAT5より線タイプのケーブルも同じような効果が得られている可能性があると思う
名前:
ノイズは、捻りで解決
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/16 21:41:28
記事No.:64962
誰が気づいたか知らないけれど♪・・・ホット側とコールド側を捻ると「ノルマルコモンノイズ」を拾い難くして伝送特性の改善になるんだって。そこら辺のビニル撚り線でも実験できるよ。4S6が網線シールドなのにも訳があるし、シールドは入出力どちらか片方だけグランドに落としたケーブルにしないと、せっかくの投資が無駄になるよ。まずは、測定方法とかケーブル長を論ずる前に配線コードの仕様を再考しよう。
名前:
今更何の話だ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/17 20:44:20
記事No.:64963
マイクケーブルと言えば DeviceNetケーブルをマイクケーブルに使ってますね。
安いし物凄く品質高いよ。

まぁ、ツイストペアにするなんて話は理科レベルの次元の話題です。
きちんとした作りのスピーカーでは、製造現場時にケーブル長は当然、ツイストの回数まで指示があるって話です。
WEB上では「高価なスピーカーなのにしょぼいケーブルを使っていたので極太ケーブルに変えた」とか自慢してたり。
それは本当に良い結果になったのだろうか?

因みに、恐ろしく高価なパワードモニタでもウーハーとツイーターではケーブルの太さが使い分けられたりしています。
高い品質を実現してるメーカーはちゃんとわかってますね。
名前:
ノイズは、捻りで解決さんに質問
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/20 7:58:59
記事No.:64966
>、シールドは入出力どちらか片方だけグランドに落としたケーブルにしないと、せっかくの投資が無駄になるよ。

何故投資が無駄になるのでしょうか?
シールド線が途切れていたらケーブルとして成り立たないと思うのですが?
名前:
どんなノイズ?
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/24 18:47:19
記事No.:64968
>「ノルマルコモンノイズ」

初めて聞きました。
どんなノイズでしょうか?
名前:
まだまだ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/25 22:12:48
記事No.:64971
ウーハーとツイーターではケーブルの太さが使い分けられたりしています。

ツイーターのケーブルが細いのは、電流は少ないので、単なるコストダウンの為と聞きました。

SHさんの顧客はこんな程度か?
名前:
おいおい
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/25 22:51:50
記事No.:64972
誰から聞いたんだ?

それが勘違いだって言ってんだろ
名前:
オカルト信者
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/26 7:32:58
記事No.:64973
逆に、配線を細くした結果どれだけのコストダウンが得られるのか
素人が手軽に交換出来る作業で、音質が向上するとして何故それをメーカーがしないのか?
そういう事はあまり考えれないですか?

自動車のアーシングとか呼ばれるオカルトもそうですが
メーカーが多額の研究費を掛け、血眼になって向上を目指すものが
そんな簡単な作業で得られるのなら、それはおめでたいですね。
名前:
生産数
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/26 12:22:27
記事No.:64974
生産数少ないしウーハー側とツイーター側でケーブルを使い分ける方がコスト掛かりそうだけど。

普通にパッシブネットワーク入ってるスピーカーの
ネットワークのコイルとか見るとね、スピーカーまでの線材、長さにこだわっても意味ねー?って思うな。
無論あんまり長いのはダメだけど。
名前:
本当だね
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/26 18:39:28
記事No.:64975
自分のモニターがどうなってるのか気になって見てみた。

一発5万円クラス、パワード、バイアンプ、リボンツイーターの物です。
鬱陶しい事言われたくないから機種は書きません。

ツイーターが簡単に外れるので外して中を覗いてみました。
確かにツイーターの線が細いですね。
完全に意図的だと思います。

ウーハーは太い線使ってるしアッテネーターとかも色々な種類のケーブルを使ってるのが見える。
ほほう、って感じですね。

うーむ、そうなのか、、、
こんなに細い線だと、えーって思うんですけどね。
名前:
割ってみました
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/26 23:00:49
記事No.:64976
ジェネレックです。
試しに割ってみました。
ケーブルは両方同じ物ででコネクタで基盤に接続してあります。
先にスピーカーにケーブルをつなげておいて蓋を閉める前にコネクタを刺す作りだと思います。
ローコスト設計なので見ない方が良かったって思った。
名前:
想像より実践
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/27 10:32:04
記事No.:64977
>ネットワークのコイルとか見るとね、スピーカーまでの線材、長さにこだわっても意味ねー?

そうネットワークのコイルは激細ケーブルで巻かれてるけど
スピーカーターミナルからネットワーク基盤まで、そこからスピーカーユニットまでを
ツイーターをOFC、ウーファーを太い普通のケーブルに変えたら結構変わる
中間に激細ケーブルのコイルがあっても効果は大いにある(良くなる変化とは限らない)
ウーファー側のケーブルサイズアップは効果大
名前:
オカルト信者
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/27 20:42:56
記事No.:64980
アーシング信者は、ケーブルが太いほど 値段が高いほど
”実際に”燃費がよくなったと実感するらしいですよ笑
名前:
車種による
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/27 21:28:21
記事No.:64982
ヴィッツのモデリスタ(ターボ)にアーシングをしたら2速でもホイルスピンするようになった。
その後間もなくエンジンブローして保証で治ったけど、アーシングしないでほしい、との事で。
想定以上の出力が出てしまう事で壊れてしまったという説明でした。

多かれ少なかれアーシングの効果は有ると思います。
名前:
オカルト信者
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/28 21:12:23
記事No.:64984
そうなんですね、そんなケースもあるのですか

ただ、アーシング(ボンディングの強化)をして、そのような事がおこったとすると
そのお車は、そもそも設計上にアース線の不良があるのか
アースの抵抗値が変わったら、ECUの設定が変更される、変態仕様だということでは
無いかと思います。

これは想像ですが、おそらくアーシングが直接的な原因ではなく
センサー類の誤作動、もしくは破損に繋がる施工が行われたのが原因ではないでしょうか

配線と直接関係ない(比喩的な)書き込みになってしまい申し訳ございません。
名前:
電気の常識さんへ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/29 8:15:27
記事No.:64987
ツイーターを5.5sqで配線したとか、間抜けな事をしている人を見かけますが…

初めから読むと、こんなことから、書き込みがずっと続いてきている感じがしました。
ケーブルを太くすると音質が悪くなるような書き込みでしたね!

きっとご自身では1m数万円もするスピーカケーブルを使ってるんでしょうね?

メーカーのコストダウンは、筐体の厚さを0.1o薄くする努力や螺子1本削る努力をしています。
名前:
笑わせるな
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/10/29 23:31:44
記事No.:64992
細いケーブルを使う理由をまだ理解できない、というか認めたくないのでしょうか?

たぶん、やっちまった、な人なんでしょうね。

>メーカーのコストダウンは、筐体の厚さを0.1o薄くする努力や螺子1本削る努力をしています。

小型化や軽量化に苦心するってのは理解できますが、それは材料をけちる理由じゃないよね?
製造工程にネジの種類が増える方がコスト増しの原因になるって知ってる?

すげー適当な事言ってるけど勘違いだぞ?
名前:
本題に戻せ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/03 21:27:55
記事No.:65060
PA業界では・・・

配線ケーブルの吟味より、、、
観客の満足度第一、企画運営会社には迷惑をかけない事が優先される。

たかが銅線、何でそこから音がでるか。
誰か聴いた事あるやつ、居る?
これ、サルでも分かる理科の常識。

もう、いい加減に頭を冷やせ!







名前:
本題に戻って
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/04 19:02:08
記事No.:65069
ミキサー → パワーアンプ 間の配線と
パワーアンプ → スピーカー 間の配線は
どちらを短くするのが常識でしょうか
名前:
誰も
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/04 22:24:08
記事No.:65073
スピーカーケーブルが長い方が良いって言ってないよね。
そういうことじゃない。
名前:
どっちかって言うと
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/04 22:57:28
記事No.:65074
ラインとスピーカーケーブルって言うより、
電源とスピーカーケーブルで悩む。
名前:
ドカチン音屋
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/05 11:03:46
記事No.:65075
自分はひとまずスピーカーケーブルがなるべく短くなる配置を考えます、しかし電源ケーブルの引き回し量や現場ごとの条件に合わせて柔軟に対応します。要は安全で労力を減らして早く綺麗に仕事できるようにしています。
ケーブルの体積と重量はバカにできないのでなるべく少ないほうが車両も小さくて済むので経済的です。
名前:
玉井
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/06 18:49:05
記事No.:65087
同じ悩みで、しかもほぼ回答は決まっているのでしょうが、
現場現場で状況が全く違うので困っています。
パワードにすれば、電源ケーブルが必要ですし、アンプとスピーカの距離が離れていれば、
太いスピーカケーブルが必要ですし。
太いケーブルにすると高周波が云々と又言われそうですが?

ドカチン音屋さんの言われる通りですがね!

音の良いケーブルを求む!!!
名前:
本題に戻せ_その2
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/08 0:34:54
記事No.:65092
↑・・・音の良いケーブルの定義って何か、教えてくれ!

★ どの部位に使うケーブルの事なのかも不明なんだが。

あなたに今必要なのは、一般的な社会常識に回帰する事です。

暗いと不平をいうよりも、進んで灯りをともしましょう。
ネットの時代なんだから、必要な情報はそこら中に溢れているよ。
名前:
なんで?
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/08 12:04:31
記事No.:65093
いい話題だと思うのに何でそんなこと言うの?

電源ケーブルだって色々考えなきゃいけない。
最近はパワードのスピーカーも主力になる中で電源をどのようにしてるかとか気になる話題だと思うのに、、
他の人はどうやってるかとか聞きたいです。
名前:
ちょっとまて
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/08 14:15:35
記事No.:65094
みんな!突っ込むところはそこじゃないぞ

>プロのPA様へ質問させてください。
Q1.
PA業界では、
・ミキサー → パワーアンプ 間の配線と
・パワーアンプ → スピーカー 間の配線は
どちらを短くするのが常識でしょうか?


Q2 が無いところだ!!


冗談はさておき
PA業界ではってんだからさ、パワーアンプとスピーカー間を出来るだけ短くするってのが正解じゃない。まずステージボックスだとかマルチケーブルってのはそのためにあるわけだし。
ケーブルはカナレの4S6、4S8、4S11から業務内容に沿ったものをどうぞって話だしさ。統一できるならゾマーでもベルデンでも。日本のPA業界標準はカナレでいいでしょ。
小規模のなんちゃってなら4S6で充分だし、ちょっと高級なアンプとスピーカー手に入れられたら4S8、アレイだの何だのハイスペックな機材使うような業者になれば4S11つかってるじゃんか。標準以上のものを使用して安全に運営するのが音響屋なんだし、必要以上に太い、細い、高いってのは必要ないことだと思うよ。
みんなそんなに意地悪にならないで、質問者に添った返事してあげようよ。
名前:
ドカチン音屋
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/08 15:41:01
記事No.:65095
ケーブルを変えたからといってjblのスピーカーの音がevになるなんてことはないが多少の変化があるのは事実…プリンに醤油を垂らしたらウニの味的な発見はあると思いますが…

科学的物理的にはっきりとした変化の要素としては「導体の種類、純度、抵抗値、表皮効果、インダクス、キャパシタンス」ひとまず思い当たるだけで6つ、更に外界からのノイズの影響により線か単線に絶縁材の種類による影響もプラスすると音がいいケーブルという定義は個人の好みがあるので理想的ケーブルとしてはアンプからの信号を変化させずにスピーカーに伝えることができるケーブルではないでしょうか?
仮にそれが銅単線10ミリだったとしたら現場では使えませんよね?
個人的にはカナレで充分満足ですがもっと軽く細く癖がつきにくくて安いケーブルがあると理想的なんですがね。
コネクタの汚れは結構影響があると思います、清掃したらなんとなくスッキリして気はしますので。良い仕事をされる職人さんの刃物や道具は決まってキレイで手入れが行き届いていますよ。
名前:
付け足して
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/08 22:55:52
記事No.:65096
「電荷密度」って要素も忘れないでね。
名前:
それがどうした
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/09 8:34:32
記事No.:65097

・電荷密度(でんかみつど、英: charge density)

単位体積当たりの電荷の分布量(体積密度)。電荷を担うものとしては電子や原子核
イオンのような粒子(素粒子や正孔などを含む)であったり、仮想的に一様に分布する
電荷のような場合(→参照:ジェリウムモデル)もある。

金属や半導体では、電荷密度は0と近似できる。

実験的にはX線回折実験による構造解析から得られた結果を最大エントロピー法などを使って
実空間での電子の電荷分布(→電子密度に相当)が求まる。また中性子回折実験の結果から
同様な手法により原子核の密度が求まる。、、、ウィキペディアに続く。
名前:
高橋
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/09 10:26:50
記事No.:65099
4、電源ケーブルの長さの件

  1kW以上必要とするPAは、壁のコンセントから直接では容量不足と成りますので、電源は、イベント担当者に
  言って、専門業者を手配して貰う事になると思います。
  この場合、コンセントの位置と、使用電流をPA業者が指定しますので、パワーアンプまでは、長くても数メートル
  で接続可能と思います。

  一般の小規模イベントでは、壁のコンセントから直接、或いは、コードリール経由での接続となる事が殆どです。
  この場合、コンセントの最大電流が15Aと決まっています。
  最大電流まで使用するには、コードリールのケーブルは断面積2ミリ・平方の物になります。
  市販のコードリールは、最大30メートルが限度と思います。

    ※コードリールに、電源電圧と消費電流を表示出来るような物を付けて置くと便利ですね。
  
  コードリールの電圧降下を計算して見ます。
 
  (壁のコンセントまでの配線、プラグ・コンセントの接触抵抗による電圧降下が無い物とします。)

   コードリール30メートルの抵抗は、
      断面積2ミリ・平方のケーブルの抵抗:9.79Ω/kmとすると
  
      9.79×60/1000=0.5874Ω

   15A流れた時のケーブルの電圧降下は、
  
      0.5874×100/(0.5874+100/15)=8.1V

   10A流れた時のケーブルの電圧降下は、
  
      0.5874×100/(0.5874+100/10)=5.54V

   5A流れた時のケーブルの電圧降下は、
  
      0.5874×100/(0.5874+100/5) =2.85V


   上記()内の無視した分の影響も加算されますから、パワーアンプに供給される電圧は、消費電流により、かなり
   降下する事が分かります。

   ※10A以上必要な場合は、2箇所以上のコンセントから、電源を接続する事になりますが、分電盤から別回線の
    物を使用してください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
結論2:電源ケーブルも短い方が電圧降下が小くて良いと言う事になります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5、電源ケーブルとスピーカーケーブル、どちらを短くした方が良いか

  これは、同一ケーブルを使った場合、スピーカー及びアンプの電源のインピーダンスの低い方が、ケーブルの影響を
  多く受ける事に成ります。

  その分岐点は8Ωのスピーカーの場合、100/8=12.5Aで、電力は1250Wです。 
  PA用パワーアンプは、これ以上の物は多く有り、各インピーダンスは近いですから、この付近の消費電力の物を使
  う場合は、どちらも最短が望ましい事になります。
  小出力で使う場合は、スピーカーケーブルの方を短くした方が良い事になりますが、ケースバイケースですね。
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
結論3:電源ケーブル/スピーカーケーブルどちらも最短で配線したほうが良い。  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

実際のPAの現場では、照明、楽器等にも電源を使いますから、リハーサルで問題無いかの確認が必要です。
名前:
高橋2
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/09 10:37:03
記事No.:65102
1、スピーカーケーブルの件

1)ツィータのケーブルを細くする・・・・

  ホーム・オーディオならば有りかも、PAでは高入力を入れますから、太いケーブルが良いですね。
  ※違った線経の一括シースケーブルは特注となり、高く付きます。

  PAの現場では、同一線経の4P/8Pのスピコン・ケーブルを使うのが普通です。
  4P/8Pのスピコンで一括してLowとHiを送ったり、L/Rを1本で送ったり・・・使い方は
  現場により異なりますので、同一線経の物の方が、汎用性が有ります。
  一括で送った後、LowとHiに分けて4Pのスピコンで、各ユニットに接続する場合、Hi側は出
  力が少なくて良いので、細いケーブルのスピコン・ケーブルを使用する事は有ります。

2)ケーブルの容量による高域の減少に関して

  カナレの4S6の仕様では、ケーブルの抵抗:3.7Ω/100m、容量:125pF/m
  
  最悪の条件として、容量の0pFのケーブル100mの先に、ケーブルの全容量が接続されたCRの
  1次のLPFとして、カットオフ周波数(−3dBの周波数)を計算してみます。
  ケーブルは、バランス型1次LPFなので、ケーブル抵抗は、往復分と成ります。
   ※乗数の表示が出来ない為、例えば10の−2乗は(e−2)と表現する。 

  @4S6は、赤/白各2本を両端で結線して使用 
  
   ケーブルの抵抗:3.7Ω÷2×2=3.7Ω/100m
    
   ケーブル容量:125pF×100m×2本=25000pF=2.5(e−8)F

   fc=1/2πRCに代入

   fc=1/2π×3.7×2.5(e−8)=1720kHz

  A4S10Fは、1.1Ω/100m、容量:144pF/m

   同様に計算すると5024kHz

   ※ケーブルのカットォフ周波数>>20kHzで、ケーブル容量の影響は音声帯域には影響しない
    事が分かります。
    実際のケーブルでは、容量がケーブル内に均一に分布しているので、カットォフ周波数はもっと
    高くなると思います。
    また、パワーアンプの出力抵抗の影響も考えられますが、非常に低いので無視しても良いと思い
    ます。
名前:
高橋3
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/09 11:47:20
記事No.:65103
3)ケーブルのインダクタンスによる高域の減少に関して

  カナレのホームページには、4S6の周波数特性のグラフと、測定条件が記載されています。
  (長さ100m 8Ω 10V入力(12.5W))

  グラフから、カットオフ周波数は50kHz程度です、これは前記計算結果から、ケーブル容量からは
  説明が付きません。
  
  そこで、次ぎは、ケーブルのインダクタンス成分によるカットオフ周波数に付いて考えて見ます。
  ケーブルは、プラスとマイナスが一括シースに成っていますから、無誘導巻きのアンバランス分のインダ
  クタンスに成ります。
  カットオフ周波数をグラフから50kHzとして、その時のケーブルのインダクタンスを計算してみます。
  (スピーカーのインピーダンスは8Ωとする。)

    L=R/2πfcに代入

    L=8/2π×50(e3)=2.55(e−5)=25.5μH

   ※インダクタンスは、線経に依存しませんから、カナレのホームページの4S8と4S10Fの周波数
    特性が近いのは、理解出来ると思います。

   ※※以上から、PAの再生上限周波数を12kHz程度とすると、ケーブルのインダクタンスから、
     カナレの4S8/4S10Fを使う場合、最長200m程度までとなります。
  
4)ケーブルの抵抗による電力損失

  分かり安く100W/8Ω出力のアンプに、各ケーブル100m繋いで、負荷に8Ωのスピーカーを接続
  した場合、供給される電力を計算してみます。
  (パワーアンプのダンピングファクター、ケーブルの温度上昇の影響は無視します。)
 
  @4S6は、3.7Ω/100m

   W=VV/R より100W/8Ωの出力電圧は、VV=WR なので約28.3V
   ケーブルとスピーカーにより分圧され、スピーカーに掛かる電圧は

   28.3×8/(3.7+8)=19.4  
   
   これを W=VV/Rに代入するとW=47

  A4S10Fは、1.1Ω/100m
   ケーブルとスピーカーにより分圧され、スピーカーに掛かる電圧は

   28.3×8/(1.1+8)=24.9  
   
   これを W=VV/Rに代入するとW=77.5

  ※以上から、ケーブルの抵抗による電力損失が非常に大きい事が分かります。
   
5)ミキサー → パワーアンプ 間の配線と・パワーアンプ → スピーカー 間の配線はどちらを短くするのが
  常識でしょうか?

  2)のケーブルの容量による高域の減少に関しては、PAの再生上限周波数を12kHz程度とすると
    1km程度は大丈夫となります。
  3)のインダクタンスから、カナレの4S8/4S10Fを使う場合最大200mとなります。
  4)ケーブルの抵抗による電力損失より、3)以下のどれ位の長さにするか決める事に成りますが、短い
    に越した事は無い。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
結論1:ケーブルの抵抗による電力損失は、極力抑えた方が良いので、最短で配線するのが良い。
    従って、パワーアンプ → スピーカー 間の配線を短くした方が良い。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   
    ※カナレのホームページにマイクケーブル(L-4E5C, L-4E6S)の周波数特性のグラフが掲載されてい
     ます。100mのカットオフ周波数は、50kHz程度です。
     こちらもインダクタンスの影響と思われます。PAの再生上限周波数を12kHz程度とすると
     最大200m位までは使用可能となります。
     (ケーブルの抵抗による電圧降下はありますが、その分出力或いは入力のゲインを上げれば良い。)
名前:
高橋4
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/09 11:48:36
記事No.:65104
2、CAT5をスピーカーケーブル?

  確かにつながって居れば音はでます。ケーブルが細いですから、ケーブルに流せる電流も小さいので、
  1kmもの長さに成ると、PAで必要な電力は確保出来ません。
  
  出力に余裕の有るパワーアンプが有り、近くで、ちょっと音が出て居る程度で良いならば可能とは思います。

  普通は、やらないですね。 

  1)スピーカー設置場所で、電源が確保出来る場合

    @バランス接続で信号線を引きパワード・スピーカーで音を出す。
     ケーブルを1km引くとHi落ちしますので、100〜200mごとにバッファー・アンプを入れる。
     電源は、ケーブルがL-4E5Cの場合、2本が信号、残り2本が電源の+、シールドが電源の−、コネクタは
     5Pのキャノンを使用して、中間に入れるバッファー・アンプは自作する。

    AコミニティーFM局の協力を受けられる場合

     ラジオ・マイク(出力5Wの送信機)で送信し、マルチバンド受信機で受信してパワード・スピーカーで
     音を出す。

  2)スピーカー設置場所で、電源が確保出来無い場合

    ハイインピーダンス100系の接続を検討する。
 
3、>、シールドは入出力どちらか片方だけグランドに落としたケーブルにしないと、せっかくの投資が無駄になるよ。
  
  これは、アースラインの大きなループを避ける為ですね。

  例えば、ミキサーのAUX−SEND→エフェクター→ミキサーのAUX−RETURNと、接続すると、この間で
  ケーブルのシールド線でアースの大きなループが出来、ハム音や発振の原因と成ります。
  その為、この例では、エフェクターの入力或いは、出力ケーブルのコネクターの片側のシールド線の配線はカット
  します。グランド・リフトスイッチが付いている物は、それを利用すれば同じです。

  なお、このハム音や発振は必ず起こる分けでは無く、この例では、ミキサー/エフェクター内部のGNDライン
  の配線により異なります。

  各ケーブル別に、片側シールド線が配線されて居ないケーブルを用意するか、入出力どちらかにダイレクトBOX
  を入れる。(ダイレクトBOXのグラン・ドリフトスイッチが付を利用する。)
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/09 22:19:01
記事No.:65106
周波数特性に関しての資料がそもそもおかしいです。

周波数に比例して右肩下がりになるはずであって、このような水平なグラフは異常だと思います。
計算のみで割り出したグラフなんじゃないですか?

「電荷密度」

導体の体積も重要な要素なんじゃないですか?
そこまで計算してくれたらいいなー
名前:
う〜ん
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 9:45:55
記事No.:65107
ケーブルの先端にどんな信号が送られるかって話ですね。
実際にスピーカーが接続されたらこんな話では済まないのは分かってるんですよね。

受側がスピーカーか機器かでも全く違う結果になりますよね。
それを同レベルで比較するのもどうですかね。

結論も間違えてはいないけど、スピーカーケーブル最大1kmとか周波数上限12kHzとか、極端すぎませんか。
名前:
高橋5
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 14:09:51
記事No.:65109
1、表皮効果も近接効果

  直流回路では、同じ素材、同じ長さなら、太い方が電気抵抗が小さくなります。
  交流回路は周波数が高くなるほど導体断面のより外側に近い部分にしか流れなくなる(内側に流れにくくなる)
  「表皮効果」があり、同じ線でも周波数が高くなるほど電流が流れる導体の実質的な断面積が小さくなり、抵抗
  が高くなります。
  これは、導体を輪切りして断面を見たときに、導体に流れる自身の電流による磁界が外側より内側の方が強くな
  るため、導体中心にいくほど自己インダクタンスが高くなり、周波数が高くなるほど導体中心寄りの部分のイン
  ピーダンスが高くなることに起因します。
  銅の場合、20kHzで単線の電線の直径は0.9mmを超えると周波数特性に影響が出てくる「可能性」があります。

  表皮効果の結果として、導体の実効断面積が減少し、交流抵抗が増加しますから、 コイル巻線では周波数の上昇
  と共に導体損失が増えます。
  この対策として、古くから、中波ラジオのバーアンテナのコイルとか、中間周波トランス等の巻線として使われて
  きたのがリッツ線Litz wireで、これは、絶縁された複数の細い導体素線を集めて撚合わせたものです。

  カナレのケーブルは、4芯を2芯づつ繋いで使いますから、表皮効果の対策に成っていると言えます。

  しかし、隣接した電線に同じ方向に電流を流すと導体同士の接近した部分の電気が流れにくくなる「近接効果」
  を考える必要があります。
  近接効果は隣り合う導体を同じ方向に流れる電流による磁束が、隣の導体により近い側に強く掛かるために発
  生します。
  表皮効果も近接効果も、実は同じ原理(ファラデーの法則)による働きで、同一導体内で起きるのが表皮効果、
  絶縁され隣接した導体間で起きるのが近接効果です。
  そうなると、近接効果と表皮効果、どちらがより強く働くか(影響が大きいか)という問題が出てきます。

  スピーカー/マイク・ケーブルは、平行して走る2本の線に電流が流れるので、この2線間には当然近接効果が
  発生します。
  2本の線の電流が逆向きのため、逆に導体部分のお互いに近い側のインピーダンスが下がる方向に働きます。
  言い方を変えると、お互いの電流を補強する方向に磁力線が発生し、自己インダクタンスの上昇を抑えます。
  また、外部磁界からの影響を考えると、平行のまま使うより、2本を撚った方が影響を受けにくくなります。
  つまり電磁誘導ノイズに強くなります。

  2芯の線同士を近づけると線のインダクタンス(コイル成分)は減りますが線間の静電容量(コンデンサー成分)
  が増え、逆に離すと線間の静電容量は減りますがインダクタンスが増えます。
  従って、前後の回路の特性やインピーダンスを考慮してケーブルを選択する必要があります。

  前後の回路のインピーダンスが低い場合、線間の静電容量よりインダクタンスが小さい方が伝送特性はよくなり、
  前後の回路のインピーダンスが高い場合、インダクタンスより線間の静電容量が小さい方が伝送特性がよくなりま
  す。つまり、電源線やスピーカーケーブルのような低インピーダンスラインに使う線は、平行線より撚り線の方が
  適していると言えます。


2、電気の常識の疑問は、等価回路としてLC共振回路が形成されるので、波形は乱れるのではないかと、言う事ですね。

  前記書き込み1項3)ケーブルの周波数特性への影響は、容量成分では無く、インダクタンス成分による物だと書き
  込みしました。 読んで貰えば理解出来ると思います。

  ケーブルの周波数特性としては、コイルによる1次のLPFとして考えられますが、4芯を2芯づつ繋いで使いますし
  前項の表皮効果によるインピーダンスの上昇による、レベルの減少も含まれますので、単純には計算出来ません。
 
  1)ケーブルの共振周波数の計算
  
    @前記書き込み1項2)ケーブルの容量による高域の減少に関して

     4S6ケーブル容量:125pF×100m×2本=25000pF=2.5(e−8)F

    A前記書き込み1項3)ケーブルのインダクタンスによる高域の減少に関して

     4S6ケーブルのインダクタンス:L=8/2π×50(e3)=2.55(e−5)=25.5μH

    
    @Aをf=1/2π√(LC)に代入すると f=199.334kHz
  
    共振周波数での山の鋭さを表すQ=(1/R)√(L/C)に代入すると、0.1程度
 
    Q=共振周波数/バンド幅   バンド幅:共振周波数でのレベルの−3dBのレベルになる周波数の高い方
                        から低い周波数の方を引いた物

    Q=0.1とは、−3dBのレベルとなる周波数幅が共振周波数の10倍有る事、非常になだらかな山です。


    以上より、ケーブルの共振周波数の周波数特性への影響は殆ど無いと考えられます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
結論:波形の乱れが殆ど無いLPFの波形となる。   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3、う〜んさんの疑問

  受側がスピーカーか機器かでも全く違う結果になりますよね。
  それを同レベルで比較するのもどうですかね。
    
  その通りです。

  しかし、スピーカーと言っても各メーカー、品種によっても特性が異なりますから、それぞれの特性をケーブル・
  メーカーが測定する義務は有りません。
  その為、色々な特性は条件を指定して測定した物を公表しています。

  カナレ4S6の場合、長さ100m 8Ω 10V入力(12.5W)です。負荷は8Ωだけなのでダミー・抵抗を
  使用した測定ですね。

  う〜んさんが疑問に思われるように、パワーアンプ+スピーカー・ケーブル+スピーカーの総合特性と成ると、それ
  ぞれの場合で異なります。 それは全て、使うユーザー任せと言う事です。

  しかし、メーカーの仕様によりある程度の所は計算し、想像も出来ます。
  トラブルが発生した場合、何が原因なのか知る手がかりとなります。
名前:
高橋さんにお礼
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 19:04:46
記事No.:65110
これだけ親切な書き込みで納得できないとしたら……
基本中の基本ですので、ここからがスタートだと思います。

すっきりしました、ありがとうございました。
名前:
湧いてくる疑問
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 19:30:04
記事No.:65112
4S10Fのほうが周波数特性は上となると、ミキサーからの出力やマイクケーブルとして使った場合4S6より良い結果になるのでしょうか?
名前:
湧いてくる疑問
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 19:30:06
記事No.:65113
4S10Fのほうが周波数特性は上となると、ミキサーからの出力やマイクケーブルとして使った場合4S6より良い結果になるのでしょうか?
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 19:46:06
記事No.:65114
高橋さん、電気の基礎で電気の伝わる仕組みをちゃんと考えて下さい。

電荷密度と体積と交流の話ですよ?

極端な話ですが、導体のインゴットに電圧を印可した場合そのインゴットのどの様に電圧が伝わりますか?

他にも、FA機器などのサーボモーターでは200〜400Wのモーターを0.5SQのケーブルを推奨しています。
その理由はなんで?

わかってますか?
名前:
おいおい
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 21:22:11
記事No.:65116
ここは、電気の常識セミナーなんですか。
無料で知識を教授して乞うなど、なんて虫のいい話だ。
そういう輩は、きっと社会人としてもクレクレ族なんだろうね。



小生は、安室奈美恵とか松田聖子などなどのステージ設営を経験しているが
バイトでも、お金を貰いながら現場経験は可能なご時世だぜ。

その理由はなんで?、、、わかってますか?
名前:
電気の非常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 21:33:46
記事No.:65117
結果的に高域が減衰してしまう原因を特定しきれていないので呆れてるだけです。

電卓叩いて結論を出すなら全ての要素を計算しろと言いたいわけですよ。

この、高橋さんの言ってる事だけが全てだと言うなら、今まで設計開発してきた人は誰も苦労しない。
苦労して来た人なら太いケーブルを使う事の弊害を理解sている筈だ。
分からない奴は偽物だと断言します。

私は「わかってますよ」!
名前:
答え
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/10 22:08:44
記事No.:65118
>小生は、安室奈美恵とか松田聖子などなどのステージ設営を経験しているが
> バイトでも、お金を貰いながら現場経験は可能なご時世だぜ。
>その理由はなんで?、、、わかってますか?

イベント大工 → ホームレスとか雇ってる
名前:
高橋6
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 9:39:51
記事No.:65119
私は、配線の引き回しについてさんの質問内容と、その他の方々の書き込みのに関して、内容がズレているように思えた部分を
修正する意味で、最低限必要と思われる内容を書き込みをしました。
    
基本的には、回路は、全ての特性が分かれば、等価的に計算が可能となります。
理論と実際の違いが無いのが理想ですが、実際の現場では、理論に含まれて居ない要素が含まれるのが普通です。
その要素が何にか、どの部分がどれだけ変わるかが分かれば、それで良い事です。

電気の常識さんは、どの程度の正確な知識をお持ちか分かりませんが、ケーブルに関して、全ての要素を計算し、説明すると、
ちょっと厚めの本位に成ってしいますので、回答は控えます。

まあ、これだけ書き込んで理解されないないのなら、それそ、それでしょうがないと思います。
言い争いをする場所では有りませんので、間違った書き込みに関しては、何処がどのように違うのかを書き込んでください。
    
1、湧いてくる疑問さん

  容量に関する計算の所だけしか見られて居ないようですね。高橋3の3)を参照してください。

  カナレのホームページに4S8と4S10Fの周波数特性のグラフが掲載されており、ほぼ同じです。 
  これは、インダクタンスは、線経に依存しない為です。
 
  このスピーカーケーブルは、シールドが有りませんから、バランス接続でも、マイクケーブルとし使用すると、外部
  ノイズの影響をかなり受けてしまうので、やらない方が良いと思います。

2、電気の常識さん

  1)極端な話ですが、導体のインゴットに電圧を印可した場合そのインゴットのどの様に電圧が伝わりますか?

    これは、インゴットの形、電圧を印可する条件(面で印可か点で印可)が記載されて居ませんし、この掲示板では図の
    掲載が出来ないので回答は控えます。
   
    電圧が伝わりますか?は、表現が違います。どのように電流が流れますかが、正しいと思います。
    U型磁石のNS間の磁力線図が近いでしょうか?

  2)他にも、FA機器などのサーボモーターでは200〜400Wのモーターを0.5SQのケーブルを推奨しています。
    その理由はなんで?

    理由は単純で、0.5SQのケーブルで必要な電流が流せるからです。
    
    サーボモーターの電源電圧が記載されて居ませんので、一般に良く使われるAC100/200Vとすると、400Wの場合
    流れる電流は4A(100V)、2A(200V)です。(力率が1の場合。)
    0.5SQのケーブルの許容電流は5A程度有りますから、容量は十分ですね。

    0.5SQのケーブルを推奨と言うよりも、最低0.5SQのケーブルを使用して下さいと言う意味での記載と思います。 
   
    通常、サーボアンプとサーボモーター間の接続ケーブルは、メーカーが用意していますので、それを使えば問題無しです。

  3)電卓叩いて結論を出すなら全ての要素を計算しろと言いたいわけですよ。
    この、高橋さんの言ってる事だけが全てだと言うなら、今まで設計開発してきた人は誰も苦労しない。
    苦労して来た人なら太いケーブルを使う事の弊害を理解sている筈だ。
    分からない奴は偽物だと断言します。

    私は「わかってますよ」!

    ●分かって居るのなら、その内容を記載してください。正しいと思えたら、参考にさせて頂きます。

     まさかとは思いますが
     
     @前記書き込みで、表皮効果で、銅の場合、20kHzで単線の電線の直径は0.9mmを超えると周波数特性に影響が出てくる
      「可能性」がありますと記載しました。その為、太くしても意味が無いとかでは無いですよね。
     
      表皮効果は周波数の平方根に比例して増大します。その効果を打ち消すために電線を太くして電力損失を軽減している
      例はよく有ります。
      これは、太さで表皮効果を大きくした場合、表皮効果による電流の偏りで増加した抵抗値分よりも、断面積の増加分に
      よる抵抗値の減少の方が大きいので、結果電力損失が軽減出来るのです。

      ※表皮効果と近接効果は、非常に奥が深いですから、疑問に思いましたら、専門書を参照してください。

     Aオヤイ電気の常連、専門雑誌の記事を信用する人では無いですよね。
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 10:51:08
記事No.:65120
高橋さん、冷静になれよ。

自分で言ってておかしいと思う所は無いか?

>電圧が伝わりますか?は、表現が違います。どのように電流が流れますかが、正しいと思います。
電位が無いと電流は発生しないよね?

>理由は単純で、0.5SQのケーブルで必要な電流が流せるからです
それはスピーカーにも言える事ではないのか?
必要以上に太いケーブルを使う事で弊害はないのか?って話ね。

まずカナレの評価グラフを見て疑問に思う事はないのか?
なんで周波数を変えているのに一本調子のグラフなのか?変じゃない?って思わない所がおかしい。
粉飾データなのか?いやそうじゃない、恐らく評価に使った機器の特徴を理解していないまま使ったのであろう。

さて考えてみよう。
まずはカナレのグラフの矛盾点だ。
名前:
中途半端
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 13:22:28
記事No.:65122
電気の常識さん
カナレのグラフは音響で利用する帯域では十分誤差のうちでしょう。
衛星放送にでも使用するのですか?

中途半端な知識の方が、一番始末に悪い
名前:
高橋7
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 13:49:26
記事No.:65123
電気の常識さん、もしかして電気の基礎分かっていないのでは?

1、>電圧が伝わりますか?は、表現が違います。どのように電流が流れますかが、正しいと思います。
  電位が無いと電流は発生しないよね?

  電気の基本的な考え方は、電流が流電子が移動するれるから電圧(電位)が発生すると考えます。

2、>理由は単純で、0.5SQのケーブルで必要な電流が流せるからです
  それはスピーカーにも言える事ではないのか?
  必要以上に太いケーブルを使う事で弊害はないのか?って話ね。

  この書き方では、今まで書き込んだ内容を全く理解されて居ないように思われます。

  弊害としては、価格が高く成る事と、重量が重く成る位ですが、汎用性が有りますので、PAの現場では・・ 
  高橋2の1)を参照してください。


3、まずカナレの評価グラフを見て疑問に思う事はないのか?
  なんで周波数を変えているのに一本調子のグラフなのか?変じゃない?って思わない所がおかしい。
  粉飾データなのか?いやそうじゃない、恐らく評価に使った機器の特徴を理解していないまま使ったのであろう。
  さて考えてみよう。
  まずはカナレのグラフの矛盾点だ。

  では、どのようなグラフに成るか、その原因を計算式を交えて説明してください。

  私の書き込みが理解出来ないのでしたら、同一条件で実験されて見てはいかがですか。
  大した機材は入りませんから、簡単に出来ますよ。それで納得されると思います。
 
  実験に必要な機材
  メイン・アンプ(20W/8Ω程度)、低周波発信器、ミリボル、8Ωのダミー抵抗、カナレ4S8(100m)
  その他接続ケーブル程度
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 15:13:37
記事No.:65124
高橋さん、だいぶ苦しい反論になってきましたね。

>電気の基本的な考え方は、電流が流電子が移動するれるから電圧(電位)が発生すると考えます。

電位の差が無ければ電子の交換は起きない、超初歩な事ね。


>この書き方では、今まで書き込んだ内容を全く理解されて居ないように思われます。

高橋さんの書き込んだ内容だけでは現実に起こる事との差があるんです。

>では、どのようなグラフに成るか、その原因を計算式を交えて説明してください。

いや、めんどくさいし、普通にググった計算式で電卓叩けばいいだろ。

>私の書き込みが理解出来ないのでしたら、同一条件で実験されて見てはいかがですか。
>大した機材は入りませんから、簡単に出来ますよ。それで納得されると思います。

実際には計算のようにはならないって言ってるじゃん。
既に実証してるから、それでは駄目だって言ってるんだって。
だから、高橋さん経験不足だなぁって思ってるのよ、、
名前:
高橋8
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 16:59:48
記事No.:65126
電気の常識さん、話の繋がりを全く無視した書き込みが多いですね。

1、>電気の基本的な考え方は、電流が流電子が移動するれるから電圧(電位)が発生すると考えます。

  >電位の差が無ければ電子の交換は起きない、超初歩な事ね。

   電位差が有っても電流は流れません。 電流が流れるには、流れる経路が無くては成らないからです。  
   その為、電気の基本的な考え方は、電流が(流電子が移動する)れるから電圧(電位)が発生するです。

   これは、そもそも下記内容に対する物です。
  
  >極端な話ですが、導体のインゴットに電圧を印可した場合そのインゴットのどの様に電圧が伝わりますか? 

   
2、実験したのなら、その内容と結果を記載してください。

  >いや、めんどくさいし、普通にググった計算式で電卓叩けばいいだろ。    
  >既に実証してるから、それでは駄目だって言ってるんだって。

  実験の条件と、00Hz〜**Hz間で●●dB減少した・・・・等の記載で結構です。
  (電気の常識さんの実験結果のグラフが、大凡再現出来る内容)

  私は、ケーブル以外の要素が含まれた特性を測定されて居るように思います。
名前:
高橋9
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 17:19:46
記事No.:65127
まさかとは思いますが、

電気の常識さん、右肩下がりのグラフを強調していましたので、ケーブルの特性インピーダンスを測定されたのでは
無いですか。

これだと、音声帯域で右肩下がりのグラフと成ります。
名前:
電気の常識
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 20:02:51
記事No.:65128
んなわけあるかっ!

なんか、酔っ払いを相手にしてる気分だ。

私の測定環境はFFTで連続で可変したピンヒストグラムからピークを観測した物です。

差動トランスを取り扱う仕事の際に不具合が起きて調査した時など、周波数特性を評価した事は多々あります。
当然、音響機器、機材もチェックしたりしてケーブルの特性なども観測したりもした事があります。

その時の特性と、高橋さんが計算した値とはあまりにもかけ離れています。

高橋さんが求めた値とカナレのスペックシートは一致していますか?
なんだか5MHzとか1.7MHzとかとんでもない数字が出ていましたが?
名前:
電器の常識さんへ
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 21:59:11
記事No.:65129
そろそろ自分の勉強不足に気付きなさい
どんどん墓穴を掘りますよ
名前:
う〜ん
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 22:08:36
記事No.:65130
そうなんですよね。
ケーブル単体で測定しても可聴周波数で問題になることなんて余程極端なことをしない限りないですよね。
入出力機器とのマッチング、端子の施工状態、ケーブルの敷設状態の方が音には大きく影響します。
でも、ケーブルを変えると音が変わるのも事実。
こだわる人がいるのもしょうがない。

そんで誰もが、アナログケーブルは電源もラインもスピーカーもできるだけ短い方が良いって言ってる。
名前:
いや
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 22:20:11
記事No.:65133
墓穴を掘ってるのは高橋さんだと思うよ。

かなり無理矢理なこじ付けとかしてるし、数式並べれば人は納得すると思ってる。
名前:
あはは
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 22:22:06
記事No.:65134
超ー一致してねえ、どうやって説明するんだ
名前:
迷惑
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 22:25:50
記事No.:65135
長々とダラダラ解説してくれたけどいちいち書き込まれると鬱陶しいよ。
文章は簡潔に要点をまとめてくれ
名前:
えーそれって
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/12 23:58:25
記事No.:65140
高橋さんの話だと雷は存在しないね。


なんだか自慢げにうんちく垂れ流してるけどそんな事は電気関連の人ならいちいち言われなくても知ってるっす。
よく勉強したね、えらいえらい。
名前:
玉井
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/13 8:36:16
記事No.:65142
一人で書き込んでいるのはばれてますよ
統合失調症の方、止めてくれません、電気の常識さん。
名前:
皆さん長々、ご迷惑を掛けました。高橋
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/13 9:24:33
記事No.:65143
下記書き込みで、終わりにしたいと思います。

1、えーそれさんへの回答

  >高橋さんの話だと雷は存在しないね。
  
  雷の場合、非常に高電圧な為、放電と言う現象が発生します。

  上層と下層の電位差が拡大して空気の絶縁の限界値(約300万V/m)を超えると電子が放出され、放出された電子は
  空気中にある気体原子と衝突してこれを電離させる。電離によって生じた陽イオンは、電子とは逆に向かって突進
  し新たな電子を叩き出す。この2次電子が更なる電子雪崩を引き起こし、持続的な放電現象となって下層へ向って
  稲妻が飛んでいく。
  また、下層の負電荷が蓄積されると、今度は地面では正の電荷が静電誘導により誘起される。この両者の間でも、
  電位差がある一定を超えると放電が起きる。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
  
  私の書き込みは、全て低電空気内での現象に関してなので、雷(真空放電等)は該当しません。

2、電気の常識さんの件

  1)ビニール線4本がツイストされているだけの、スピーカーケーブルの特性が、音声帯域で右方下がり等と言われて
    納得する人は居ないと思います。 そんなケーブル販売出来ないですね。

    私も同じで、一般的に考えられる現象に関して、記載して来ましたが、どうも該当しないようなので、測定の仕方が
    おかしいのではと思い、下記内容の書き込みをしましたが、ほぼ無回答でした。 

    >では、どのようなグラフに成るか、その原因を計算式を交えて説明してください。
    >実験したのなら、その内容と結果を記載してください。
     実験の条件と、00Hz〜**Hz間で●●dB減少した・・・・等の記載で結構です。
     (電気の常識さんの実験結果のグラフが、大凡再現出来る内容)
     私は、ケーブル以外の要素が含まれた特性を測定されて居るように思います。
 
  2)残りは、なぜ右肩下がりの結果になったのかの推測となります。

    >ケーブルの特性インピーダンスを測定されたのでは?

    これに関しても、測定環境に関した僅かな情報のみの回答でした。
  
    @その他の要因として、単純な基本的な測定器の設定ミスの可能性が考えられます。
  
     例えば、測定する時にOSCを電力モードで出した物を、電圧モードで測定されたのではないですか。
     ピンクノイズの周波数特性です。これは、全帯域で電圧が一定の信号では無く、電力が一定の信号で、電圧モード
     で測定すると、右肩下がりの特性となります。

これ以上、検討するは無理と判断しました。

以上終了
名前:
勘違いすんな。
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2018/11/14 16:47:47
記事No.:65145

ここは、サウンドハウス様の掲示板ですよ〜ん。
電気理論のことだったら、2チャンネル逝けばいいんじゃね。
どいつも、素人相手の自慢話にしか思えないんだが。

何かPA現場で得する話はないじゃろか
名前:
新人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/02/14 16:48:37
記事No.:65343
教えてください。
何も考えず、必要で最長40メートルのスピーカーケーブルをこちらで買いましたが、無理があるのでしょうか?
名前:
用途により。
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/02/14 18:03:35
記事No.:65345
用途によりますね、使うのがトランペットスピーカーとかなら40mとか普通ですよ。

普通のPAスピーカーとアンプでもアンプのパワーが勿体無いだけで音は出ますよ。
名前:
新人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/02/14 18:43:24
記事No.:65346
返答ありがとうございます。
皆さん pa用で通常 アンプ、スピーカー間を一本ケーブルで最長何メーターまで引き回してますか?
名前:
新人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/02/14 18:43:25
記事No.:65347
返答ありがとうございます。
皆さん pa用で通常 アンプ、スピーカー間を一本ケーブルで最長何メーターまで引き回してますか?
名前:
新人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/02/14 18:43:27
記事No.:65348
返答ありがとうございます。
皆さん pa用で通常 アンプ、スピーカー間を一本ケーブルで最長何メーターまで引き回してますか?
名前:
新スレ立てたら
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/02/15 6:57:59
記事No.:65351
新人様
他人が立てて長くなったスレでは読みにくいので、ご自身の状況にあった質問と回答のために新スレ立てたらいかがですか?
記事の投稿
名前: