キーワード
電源ノイズ?
サブカテゴリー: 音響機器全般
名前:
ご助言を…m . .m
スレッドNo.:16441
登録日:
2013/08/24 14:02:51
記事No.:58678
練習スタジオなどでギターアンプから隣のスタジオの練習の音が聞こえるという現象に悩んでます。
おそらく電源から伝わるノイズではないかと思いますが…
アースによる問題でしょうか?
絶縁トランスを使ってみたのですが、止まりませんでした。
どなたかご指南お願いしますm. .m
名前:
興味深いですね。
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2013/08/25 2:00:50
記事No.:58681
この症状って結構耳にしますね。

だけどちょっと情報量が少な過ぎて推測できないです。
アンプの機種、聞こえて来る音の内容、アウトボードとかどんな感じですか?
名前:
M
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2013/08/26 0:36:52
記事No.:58685
アンプがラジオの受信機状態になって拾っている感じじゃないですかね・・・。電源からではないかもしれないです。
名前:
ご助言を…m . .m
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2013/08/27 15:51:53
記事No.:58706
興味深いですねさん、Mさんご返答ありがとうございます。

具体的に言いますと、ライブハウスでPAをやってまして…
PAのシステムは、ヤマハの卓、アムクロンのパワーアンプ、dbxのコンプなど…

ライブハウスと同じ建物の別の部屋でギターをアンプに繋いだ際に
ライブの音が聞こえるといった感じです。


Mさんがご指摘のアンプがラジオの受信状態になっている際には
どのような回避方法が考えられますでしょうか?

よろしくお願いします。


名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2013/08/27 19:42:00
記事No.:58709
ギターとギターアンプ、ギターケーブル以外には何もない状態で、別室のライブの音が聞こえるのでしょうか。
そのライブの音は、特定の楽器音などではなく、楽曲全体、ライブスタジオのアナウンスの音まで入っているのでしょうか。ギターを接続せずに、ギターアンプのボリュームを上げたときはどうなのでしょうか。どのギターアンプ、ギターでも起きるのでしょうか。

・ 電源に音響信号が乗っている場合・・・ 実は電源トランスは数百キロヘルツまで広帯域伝送してしまいますので、トランスを介しても遮断実験にはなりません。また、市販のオーディオ用電源ノイズフィルターも、ほとんど役に立ちません。正弦波出力の無停電電源などがあれば、チェックできます。
 正常なギターアンプでは、まず起きません。故障や設計不良でも、極めて考えにくい例外的なケースです。

・ 高周波で変調された信号が飛びつく場合。これは、もう少し確率が高いと思われます。
 ほとんどはAM変調で、それが電源を介して飛び込んでくる場合と空中を伝播してくる場合です。
 前者なら、周波数が高いので、ホームセンターで売られている程度の、ノイズフィルター内蔵電源コードでも低減できます。後者なら、多分、ギターがアンテナ兼検波回路になっている可能性があります。
 AM変調された高周波信号が、「音」になるには、「検波回路」に相当する非直線素子が無くてはなりません。ギターでは、ピエゾピックアップの電極リード線とピエゾ素子の境界、ギターケーブルの表面が酸化したり硫化したりすることによって半導体化され、ショットキー障壁を構成することなどが考えられ、多くはギターアンプからケーブルを抜くと全く起きない現象です。

 ライブハウスで無線機につなぐなどAM変調をする必要性はないと思われます。しかし、高周波発振している機器があると、知らないうちにAM変調された高周波が出ている可能性は否定できません。たとえば、ミキサーからエフェクターに信号を渡し、それを戻すことがありますが、間で大きなゲインを与えると、高周波発振が起きることがあります。エフェクター類のゲインは、ゼロデシベルを基本にします。できれば、戻さずに、一方向に信号を流します。また、故障、設計不良、調整不良のアンプ類でも発振は起きるものです。
 空中を伝わる場合には、運が良ければAMラジオの周波数帯域に入ることがあり、イヤホンでラジオを聞くと聞こえることがあります。

・ ギターがマイクロホンの役割をしているケースもあります。別室の音が大きくて、ギターの弦がそれに合わせて振動する場合。ギターアンプのボリュームを上げると、別室の音が聞こえることがあります。弦を抑えないで別室の音が大きく聞こえる場所にギターを放置すると、解放弦の音がビンビン響くように強められた別室の音になります。また、ギターアンプの初段の真空管のグリッドが音で振動してマイクの役割をすることもあります。これらの現象は、いずれも、少し条件が変わると、ハウリングになるので分かります。

回避方法
 AM変調の高周波が原因であれば、それを出さないようにすることが重要です。オシロスコープで見ると簡単ですが、無ければ、可聴周波数を遮断するハイパスフィルター、増幅、検波回路の組み合わせで専用の測定器具を製作でき原因箇所の特定ができますが、身近に電子工作マニアがいる場合に限られます。

 PAをやってまして・・・ということなので、PAのシステムの接続変更などを試してみてはいかがでしょうか。
名前:
ご助言を…m . .m
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2013/08/28 14:22:59
記事No.:58716
宇宙人さんありがとうございます。

まだまだ未熟者で理解できない部分も多々ありますが、じっくり検証してみたいと
思います。ありがとうございます。
名前:
rabbit
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/06/20 14:19:53
記事No.:65721
別室で使っているギターケーブルが原因です。ライブ会場の何かしらの機器から発せられた高周波をギターケーブルが拾ってしまい、アンプで拡声されてしまっています。この場合はきちんとシールドできるギターケーブルを使うと解決します。
記事の投稿
名前: