キーワード
BEHRINGER FBQ2496でハウリングが消えない
サブカテゴリー: PA機器
名前:
まこっちゃん
スレッドNo.:15930
登録日:
2012/10/22 22:24:17
記事No.:56578
FBQ2496 Feedback Destroyer Proを購入したのですが、意味不明な説明書と格闘し、何とか設定したつもりなのですが、自動でフィードバックの除去ができません。ディスプレイにrunの表示で、20チャンネルのステータスLEDが全て消灯している状態で信号を通しただけでは、だめなのでしょうか?
ハウリングしたままで、何もかわりませんが、何か特殊な設定が必要なのでしょうか?
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 7:43:58
記事No.:56583
サウンドハウスさんの商品ページ ユーザーレポートの「それなりに使えます」さんの投稿に、同じ現象について書かれています。
名前:
まこっちゃん
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 11:12:29
記事No.:56584
ご回答ありがとうございます。
そのレポートなら読みました。パライコの設定は、全てクリアしてあると思います。
ステータスLEDが全て消灯しているのが、そういう事かと思うのですが…
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 14:54:28
記事No.:56587
それでは次に、マイクやスピーカーの位置を、利用する状態と同じようにして、LEARNモードまたはAUTOLEARNモードを試してみてください。かってにピーとかボーとか音を出しながら、ハウリングの起きやすい周波数を見つけて、フィードバック周波数を減衰させるフィルターを設定してくれます。
 ただ、マイクを持ったボーカリストが動き回るような用途で、ハウリング周波数が大きく変化する場合には、事前の自動設定だけでは効果が小さいので、自動フィルターの割り当てをしてください。この割り当ては、いろいろ試してみることになります。
 ハウリング除去(フィードバック抑制)装置は、万能ではありません。スピーカーの前をマイクが横切るような使い方は、どんな装置でも、対応しきれません。あくまで、こういった装置を使わなくてもハウリングがほとんど発生しないような設置や運用を工夫したうえでの「保険」として有効です。
 頼りすぎると、周波数特性が凸凹になるわけで、音質上好ましくないことになります。
それにしても、説明書はひどすぎますね。
名前:
まこっちゃん
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 16:02:03
記事No.:56588
長文のご回答ありがとうございます。
もしかしたら、LEARN及びAUTO LEARNモードの時に初めからステータスLEDが全て点灯してるのがダメとかありますか?
この時にCLEARを押したり長押したりしても消灯しないので、そういうものかと思っていました。
このLEARNモード時の設定をクリアするのは、どうすれば良いのでしょうか?
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 16:42:58
記事No.:56589
いったんすべてのステータスLEDを消灯させ、説明書の図4.2のようにフィルターの種類を割り当ててください。
この割り当ての数は、だいたいこの図の数の前後が使いやすいと思います。
そのあとLEARNやAUTOLEARNを実行。ユーチューブに動画があったように思います。
説明書は、ドイツ語のものが適切で、その後の英訳でコケ、英訳から日本語に変換するときに、めちゃくちゃになってしまったようです。
 私が拝見したBehringer製品の説明書はすべてひどいものでしたが、その中でも特筆すべきレベルですね。
名前:
まこっちゃん
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 16:58:59
記事No.:56590
やはりその辺でしたか…
家に帰って、ドイツ語の説明書を参考にして再チャレンジしてみます。
ありがとうございました。
名前:
的外れでしたらごめんなさい
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 22:25:03
記事No.:56594
べリンガー フードバックデストロイヤーDPS1124Pを使っていました。

買った当初は、軽いハウリングが出ても
全然機能していない様子でお金をどぶに捨てたような物と
思っていましたが。
そもそもベリンガー製品かなり鈍感なようで
スピーカーが飛ぶか演奏者やオーディエンスの耳がどうにか成りそうな位の
ハウリングが出て初めて機能し始めます。
それに気が付いてからはリハーサルの時間
ステージから全ての人を退避させ、わざとハウリングさせて
1124にハウリングポイントを覚えさせるようにしていました
(スピーカ耐久テストのような、かなり心臓に悪いやり方ですが)
これで通常のモニターボリューム戻すとハウリングはほとんど無くなりました。

今は、この機械使うのをやめました
どう考えても
失敗するとかなり手痛い出費を招いてしまいそうですし
慣れてくるとイコライザーで事足りてしまいます。

まこっちゃん様のFBQ2496 とは別の機種なので参考には
成らないかもしれませんが
私の所有するフィードバックデストロイヤーの鈍感さの
報告でした。




名前:
まこっちゃん
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/10/23 23:09:57
記事No.:56595
ご回答頂きました皆様、ありがとうございました。
意味不明の説明書でも、しっかり読んでみるべきでした。
宇宙人様のご回答を参考に、再度説明書を読み直してみたところ…
パラメトリックフィルタの設定数の選択があったのですねぇ〜。この設定数が20となっていました。
ユーザレポートに書かれていたのもその事だったのですね。
この設定数を0にする事で、シングルショットの設定数も変更でき、ハウリングの除去ができるようになりました。
しかし、工場出荷時の初期設定は、説明書の標準設定通りにしておいて欲しいですね。
皆様、お騒がせしました。
名前:
がんばり屋
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2019/11/18 17:13:23
記事No.:65928
BEHRINGER FBQ2496を接続するとなぜか音がなりません。なぜだか分かりますか?
PAの知識が全くなく、部活でやっているだけです。
記事の投稿
名前: