サウンドマート
キーワード
音の途切れの原因は?
サブカテゴリー: 音響機器全般
名前:
take
スレッドNo.:15870
登録日:
2012/09/16 22:02:03
記事No.:56271
校舎外のラッパスピーカーの音が途切れます
マイクで大きな声を出すときはいいのですが、小さい声になるとプツっと途切れます
また大きな声を出すとつながります
症状からすると、配線ではなくスピーカーかアンプの故障のように思います
ちなみにマイクはワイアレスで、2個あるうちの片方は不具合はありません
どなたか詳しい方教えてください

名前:
田舎の素人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/17 17:47:20
記事No.:56278
ワイヤレスが2個あるうちの片方は不具合が無い、とのことなので、ワイヤレスに原因があるような気がするのですが、「スピーカーかアンプの故障」と思った理由は何でしょうか? ラッパスピーカーは途切れるけれど、それ以外のスピーカーは途切れていないということでしょうか。ワイヤレスは屋外でしようされているのでしょうか?
いずれにしろ、もう少し詳しい状況がわかれば、皆さんがアドバイスしてくれると思いますので、機器名と運用状況を書き込んでください。
名前:
take
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/17 19:41:28
記事No.:56279
田舎の素人さん
ありがとうございます

「2個あるうちの・・」というのはラッパスピーカーのことです
説明不足ですみません
その片方のみ上記のような症状です

ワイアレスは2チャンですが、どちらのチャンネルを使っても症状は同じです
機器はアンプはTOAのハイインピーダンスアンプ?
   ワイアレスはパナソニックです。品番等は確かめてみます

症状は、不定期に途切れるのではなく、大きな入力信号があればつながり、小さな信号ではつながらないという状況です
なので、アンプに原因があるように思うのですが

どうでしょうか?

名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/18 17:46:59
記事No.:56286
機種も、どの程度の音量でそういった現象が起きるのかもわからないので違っているかも知れません。
「ノイズゲート」という回路入っていればそれが動作しているかも知れません。
ノイズゲートについては、ウィキペディアで調べてみてください。ノイズゲート回路が使われるのは、信号レベルが低いマイク部です。ラインレベル入力では普通使われませんので、同時にハイインピーダンスアンプのライン入力にCDデッキからの信号を入れて、音楽を流しながらマイクで話したらどうなるかも教えてください。
ノイズゲートが原因なら、音楽信号は影響を受けないか、大声で話すと逆に音楽が小さくなるなずです。(マイク優先の設定)
ノイズゲート回路が過敏に反応しているのは、基本的に故障です。

小さな音、大きな音の境目あたりの音量をマイクに入れた場合、ノイズっぽくなって、ONでもOFFでもないような感じになる場合には、マイクプラグ、マイクジャック、内部の接触部分などの接触不良に起因することがあります。
安定的な酸化皮膜や接点間の隙間が形成されている場合、信号レベルが大きければトンネル効果で伝わるけれど、信号レベルが小さい場合には、導通がなくなるわけです。このには、静電結合で信号が伝わることがあるため周波数特性の乱れもあるのが普通です。

マイク系の音が汚いなら、ワイヤレスマイク系が原因の可能性もあります。
ワイヤレスマイクの送信側と受信側の周波数がずれている場合、大きな信号で変調の幅が広がると、近い周波数の受信チャンネルに紛れこむ場合などです。
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/18 17:48:59
記事No.:56287
このには → このときには
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/18 18:02:02
記事No.:56288
もうひとつ思いつくことがあります。
もしかして、校内放送用のアンプでしょうか?
その場合、2つあるトランペットスピーカーの両方に同じ信号が常に加わる「モノラル」であることがほとんどです。特に、非常用放送設備と兼ねているならその可能性は極めて高いものです。
モノラルでありながら、片方のトランペットスピーカーだけ音が途切れるなら、アンプ以降でしょう。
断線か接触不良、雨水が入って、信号がショートされているなどが疑われます。
 アンプ以降は、切り替えスイッチ、配線、スピーカーに内蔵されたトランス、スピーカーのボイスコイルなどがあります。
名前:
take
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/18 20:56:43
記事No.:56289
宇宙人さん
アドバイスありがとうございます

校内放送設備です
宇宙人さんがおっしゃる通り、校内、体育館、校舎外、緊急放送を兼ねている設備です
従って、モノラル信号を振り分けていると思います
そうなると、アンプ以降の可能性のほうが高いですね

もしアンプ以降の不具合だとして修理を依頼した場合、値段はどれくらいになるでしょうか
スピーカーは3階の壁に取り付けてあります
窓からは届きませんので足場が必要かと思います

いっそのこと取り替えのほうがいいでしょうか
いずれにしてもどのくらいの工期と値段がかかるものでしょうか

運動会を控えて頭をかかえています
何かいい対処はないでしょうか
名前:
田舎の素人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/18 23:19:32
記事No.:56290
専門用語は分からないので、ご勘弁ください。

まずは、アンプのチェックから。非常放送の操作盤に放送エリアを選択するスイッチ(たとえば、教室棟の1階とか、体育館とかを選ぶスイッチ)があると思うので、不具合のあるトランペットスピーカーが鳴るスイッチだけをONにし、それ以外はすべてOFFにします。たぶん、当該スピーカーの他にも一緒に鳴るスピーカーがあると思いますが、そちらは異状がないことを確認できれば、アンプ本体、そしてアンプから分岐点までは正常であることが分かります。

次は、宇宙人さんがおっしゃるとおり「アンプ以降は、切り替えスイッチ、配線、スピーカーに内蔵されたトランス、スピーカーのボイスコイルなどがあります。」ということになります。
おそらく3階に弱電端子盤?と言うのか、スピーカー配線の分岐点があるので、ここで当該スピーカー回線のチェックが出来るはずです。その結果、端子盤以降の『配線、スピーカーに内蔵されたトランス、スピーカーのボイスコイル』が疑わしいとなると、あとはスピーカー本体とその付近のチェックをすることになります。そうすると、足場または高所作業車のようなものが必要になってきます...。 トランペットスピーカー自体は「TOA/TC730AM」クラスでも2万円程度ですが、3階となると工賃がかなり掛かると思います。応急処置としては、端子盤から当該スピーカー回線を切り離し、替わりに仮設のスピーカーを接続して窓から外に向けて取り付ける。

ところで、非常放送なので、消防法とかの制限を受けるのかな? やはり専門の業者さんに頼んで修理してもらわなければならないですよね。早めに相談することをお勧めします。

(なお、アナウンスが入った時にBGM音量を抑える「ミュート」機能は付いているかも知れませんが、「ノイズゲート」機能は付いていないと思います。)
名前:
take
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/19 6:59:18
記事No.:56295
田舎の素人さん
ありがとうございます

さっそくテストしましたが、やはり外の2個あるうちの片方のみ不具合です
校舎内や体育館のスピーカは異常ありません

弱電端子盤?もみつけました
中に「トラ」と書いてある端子がありました
これに電流が来ていれば、アンプから端子盤までは異常なしということですね

ところでこの端子に電流が来ているか調べるには電流計を使えばいいのですか?
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/19 16:34:33
記事No.:56297
非常用放送を兼ねているなら、定期点検業者が年に1〜2回点検します。その点検の時期を合わせてもらえれば、手間とお金が節約できます。運動会が近くて、すぐにでも直さなくてはという場合は大変ですね。配線を外さずに故障箇所を突き止めるのは難しいですよ。スイッチを切り替える人と、チェックポイントでの信号の様子を調べる人の2人が必要です。線を外して途中に計器を入れるなら、交流電流計という手もありますが、それよりは交流電圧計。でも、私は、チェック用スピーカーを使っています。ハイインピーダンス用スピーカー+ワニグチクリップケーブル。なければ100円ショップで売っているスピーカーに直列抵抗を入れて用いることもできます。人間の耳は、最高級の測定器。接触や絶縁の不安定でも、わかってしまいます。
 あと、最近ではめったに見かけなくなったカウンタICを使って、多くの線(最大31本)に順に信号を加える測定器具も自作して持っています。
 それから、非常用を兼ねる場合、基本的に、各スピーカー毎の音量調節(アッテネーター)まで、3線で配線され、一斉モードになると線の役割が変わりますから、そのことを理解していないとわけがわからないようになります。間違ってつなぎ変えてしまうと、専門業者でも、「念のため、配線を総入れ替えさせてください」となってしまいます。
 屋外用のトランペットは、個別の音量調節がないことが多く、その場合には、職員室などの切り替えスイッチボックスの中で3線系と2線系がつながっています。
 放送先の切り替えスイッチ群が2箇所以上に分散しているときは、切り替えスイッチの変わりに「リレー」が使われているので、見た目の複雑さは大変なものになります。専門業者でも、けっこう時間がかかります。
 経験的には、スピーカーの故障の可能性が一番高いように感じられます。トランスへの浸水、ボイスコイルへのリード線の断線などです。これらの故障の場合、一番原因となりやすいのが、スピーカーからケーブルが出ている部分のゴムブッシング(あるいはシール、パテ)の劣化。
 グランドに向けて設置されるスピーカーも、トランペットスピーカーから、もう少し音の良いスピーカーに代わりつつあります。防水、防雨型のPAスピーカーと、インピーダンスマッチングトランスの組み合わせ(あるいはトランス内蔵タイプ)にすると、明瞭になるため音量を下げることが可能で、教育現場、ご近所のニーズに合いやすくなります。せっかくの機会かも知れません。もし修理交換なら、要望してみては?
 コストは、予測しにくいところですが、大半が人件費ということになる可能性もあります。



名前:
take
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/19 18:17:19
記事No.:56298
宇宙人さん
毎回アドバイスいただきありがとうございます

早速ですが、思い切ってスピーカーを購入し、現行の配線に接続してみたいと思います
配線に接続だけなら、なんとかなりそうです
仮に、ダメでもスピーカーは交換時期にきていると思います

その音の良いスピーカーはサウンドハウスさんでも取り扱ってますか
取り扱っていれば教えていただけないでしょうか

運動会が29日と迫っています
よろしくお願いします
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/20 2:42:16
記事No.:56302
屋外用スピーカーを校内放送回線につなぐ場合いくつかの留意点があります。
校内放送回線ではなく、低インピーダンスのPAを別に設ける方が、低コストで
高音質になることが多いと思います。

1 耐候性  「防水機能」などで検索するとネットに解説があります。
  IPX4クラスのものが望まれます。全天候型という記述以上を目安にすることもあります。

2 インピーダンス
  校内放送回線は、定格音量を出したいときに、100ボルトとなるように設計されることが
  多く、(古い校舎などでは70ボルトなども使われます。)そこに、通常のスピーカー
  ( 4オーム、8オームなど )をつなぐと、大きな故障につながります。そのため、
  トランスで降圧させて使います。降圧させた結果、最適な音量になるようにするとともに
  アンプの出力が不足していないかも確認しなくてはなりません。
  トランス内蔵型のものは便利ですが、要求すべき降圧比になっていなければ、別のトランス
  を用意することになります。

3 音圧(音量)
  音質を良くすると、聞き取りやすくなり、音圧を下げられるのですが、それでも、「かえって
  うるさくなった」というクレームが出ることがあります。人の心は難しいものです。
  実際に、どの程度の音量が必要か把握しなくてはなりません。
  運動会では、大勢のお客様に音を届けるわけですが、話し声をPAの音量で圧倒しようと
  すると、かえって話し声を大きくしてしまい、悪循環。きれいな音を聞かせて、静かに
  なるようにしたいところなので、音質が悪ければ、改善したいところです。そうした上で、
  実際にどの程度の音量が必要なのか把握します。

   運用を工夫して、音量を抑えることは、学校の屋外放送の大切なポイントです。
  トランペットスピーカーは、音質を犠牲にして、中音域の音響変換能率を上げています。
  音質の良いスピーカーは、一般的に、トランペットより能率が低いのです。
   トランペットよりは音が良いというものの中には、「これで音が良い????」というほど
  ひどいものが多いので、定評のあるPAスピーカーと同等の設計で、耐候性のあるものから
  選ぶのが良いと思われます。
   サウンドハウスさんでは EV エレクトロボイス / SX300PI が有力。トランスは
  別に用意しなくてはなりません。トランスも、雨対策が必須です。

4 設置場所
  学校用にトランペットスピーカーを設置する場合、グランドに向けて、校舎の2箇所の屋上
  近くに設置することが多かったと思います。スピーカー間の距離が、30メートルくらいに
  なることが多く、距離のずれによる聞き取りにくさが相当広範囲に存在します。交換後は、
  トランペットに比べ、重くなりますので、今までの取り付け金具を使うことは困難です。
  できれば、少し中央に寄せて、重量に耐えられる取付金具を用意したいところです。
  今までの校内放送のケーブル配管をそのまま使う場合には、ケーブルを足すことになります。
  恒久的に使うため、近所への配慮は大切です。トランペットに比べ、音の広がる角度が広い
  ので、場合によっては、遮音板を設けることになります。スピーカー近くに設ければ、巨大
  なものにならなくてすみますが、それでも、台風で飛ばされないように工夫しなくては
  なりませんから、大変です。
  近隣対策でも、スピーカーの距離を縮めることは好結果につながります。
   設置金具の防食は重要で、時には、建物の寿命程度まで放置されるかも知れませんから、
  さびないように配慮が必要です。落下防止ワイヤーも大切。学校の教職員の方が設置すると
  転勤後まで、前任校を心配しなくてはなりません。教育委員会か学校設置者を通して、外部
  に工事を発注すると、日数がかかると思います。

5 アンプの交換、または増設は、高コスト
  最適な降圧比のトランスが準備できても、アンプに要求される出力は大きくなるので、
  余裕のない設計をされている場合、アンプの交換または増設が必要になってきます。ところが、
  非常用放送を兼ねているアンプの場合、蓄電機能が必要です。一般に、蓄電部は、火災に対する
  要求が厳しく、この蓄電機能も強化しなくてはなりません。高価になりますので、公立の
  場合、予算要求をしてから設置されるまでに数ヶ月以上かかることが予想されます。

6 設計の順序は、次のとおり
  ・ 指向性が広がるので、設置位置の変更を考える。
  ・ 必要な音量を考える。わからなければ以前の音量を確保する。
    以前の音量は、トランペットスピーカーの規格と、校内放送の出力配分(設置時に業者が
    提出していると思います。)で把握できますが、資料不足なら、「騒音計」などで検索
    してゲットできる無料スマホアプリで。スマホの機種による違いは、工夫して補正を。
  ・ 必要な音量と、新規に設置する予定のスピーカーの規格から、スピーカーに入力すべき
    ワット数を求めます。
  ・ 今までのトランペットスピーカーとのワット数の違いで、アンプ、非常用電源の変更が
    必要かを計算する。変更が必要な場合には、詳しい業者と相談して、法規や条例上での
    制約をクリアできるかどうかまで把握することが必要です。スピーカーの耐火性能は、
    屋外用を問題にする消防署は少ないと思います。
  ・ 音量が最大となる場合にスピーカーに加わるワット数のときに、100ボルト(多分)
    になるよう、トランスの降圧比を求めます。適切な比率のトランスが無い場合、近い
    比率の電源用トランスで代用できます。電源用は周波数特性が悪いという俗説があります
    が、可聴周波数の範囲では、きわめて平坦ですよ。

7 可搬PAを考える。
  無理に、校内放送を利用するより、一般的な小規模のPA装置を用意すると良いかも知れません。
  今年の運動会に間に合わせることもできるかも。
   運動場中央で太鼓の演奏があり、その太鼓の伴奏をPAでというケースでは、太鼓の位置で
  相当大きな音量が必要になります。そうすると近所迷惑は必須。この場合、太鼓の近くに
  過般型のPAを用意すれば、客席での音量のバランスも崩れず、近所迷惑も抑えられます。
  トランペットスピーカー TOA ティーオーエー / TC715AM (110dB 1W、1m)に
  比べ、高能率でも、100dB 1W、1m程度のPAスピーカーでは、トランペットスピーカー
  の10倍のワット数が必要に思えますが、実際には、トランペットの能率の高い中音部だけ
  の比較ですから、それほど必要ではありません。それでも、計算上は、それぐらいを確保しま
  す。セットもののPAシステムでは、少し音量不足かも知れません。

  運動会の場合、本部テントの両側で、むしろテントより前に置きます。これはハウリング対策
  地面に近いところでは高音が人波で減衰されやすいので、スピーカースタンドで高くする
  か、背の高いスピーカーを使います。スタンドを使うときは、中高音用として、地面には
  サブウーファーを置くなどもお勧めです。放送委員(児童)に設置させるなら、スタンドは
  危ないので EV エレクトロボイス / TX2152  JBL ジェービーエル / JRX125 
  などを、台車に乗せて移動させるのが良いと思います。あとは、パワードミキサー、CDデッキ
  スピーカーケーブル、マイクなど。運動場の一部を使って地域の方が盆踊りの練習をするとき
  などにも活用できます。雨天ですばやく撤収できるよう、複雑な設備は避けましょう。
   機種検討をする時間が無いなら、サウンドハウスさんの営業に電話してみてはいかがで
  しょうか。すぐ発送できるものを格安で用意してもらえると思います。
名前:
take
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/20 21:08:42
記事No.:56307
宇宙人さん
詳しいアドバイスありがとうございます
検討の結果、運動会用に機材を新調することにしました

CP10MPもしくはCP12MPあたりのパワードスピーカーを2〜3個テント前に設置しようと考えています
なにしろ予算が少ない中です あまり高いものは買えません
ミキサーは現行の簡易ミキサーを使います
AUXが1系統なので、簡易なミキサーで分岐させたいと思います

縦50m 横100mくらいの会場ですが十分でしょうか?
名前:
宇宙人
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/21 14:00:00
記事No.:56320
多くの運動場では、長方形の校庭の長辺側に校舎が建っていることが多いのでそれを前提とします。

観客席で必要な音圧を定めます。例えば80デシベル
観客席と、スピーカーの距離を定めます。例えば40メートル
スピーカーの本数を定めます。例えば2本。
使うスピーカーは、パワーアンプ内蔵のものを検討します。

音響エネルギー密度は距離の2乗に反比例します。音圧はエネルギー密度の平方根に比例するので
結果的に、音圧は、距離に反比例します。40メートルは、マイナス32デシベルに相当します
から、その分を加えて、80デシベル+32デシベルで112デシベル必要です。
スピーカーを2本用いると3デシベル相当が稼げますので、112−3で109dB
つまり、最大音圧が109デシベル以上となるスピーカーが必要ということになります。
人波など伝達空間をさえぎったり、音を吸収したりするものの影響は、なかなか断定しにくいところ
ですが、仮に10デシベル程度だとすると、119デシベルが必要です。
観客席が、運動場の角まで広がっている場合には、さらに5デシベル程度加算をします。

クラシックプロ / CP10MP  110デシベル  12,800円/本
クラシックプロ / CP12MP  120デシベル  15,800円/本
クラシックプロ / CP15MP  115デシベル  19,800円/本
  通常、ウーファーの口径が大きいほうが大きな音が出るので、このカタログ数値には疑問を
 感じます。「どうして逆転しているんですか」と問いただすことは必要だと思います。
 豊富な入力端子や調節部が、機械が苦手な方に敬遠させるかも知れません。
 運動場の角では、音量不足になると思われます。

BEHRINGER ベリンガー / B315D  126デシベル  25,800円/本
 カタログ上は、運動場の遠い角でも、ほぼ十分な音量と思われますが、新しい製品らしいので
サウンドハウスさんの営業にご希望をお伝えして確認することをお勧めします。
 スピーカーを3本使う場合には、ステレオミキサーだと中央は、左右を混ぜることになります。
それが難しければ、偶数にします。
 なお、80デシベルは、少々大声で騒ぐ人がいても、放送の音がちゃんと聞こえる程度の音量です。
名前:
XLR
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/22 16:43:48
記事No.:56327
カタログ数値の逆転?ですが表記が違いますよねぇ
>CP15MP>Max SPL1m:115dBFree Field
→反響のない状態を想定しているようで屋外使用の参考になる値
>CP12MP>最大SPL:120dB
→想定する状況が不明ということでしょう
Maxとか最大が付くと、ほんの一瞬の音量なので平均では−10dBくらいになるでしょう。

「運動場の角では、音量不足」の対策ですが、保有している拡声機器の調査をして使えるものを出してくると解決するかもしれません。
使われずにお蔵入りしているトランペットスピーカーと学校によくある60Wくらいのハイインピーダンスアンプがあればそれらをロングスロー(遠距離用)として使うと効果的です。
学校のトランペットスピーカーは口径50センチが多いと思いますが、1.5kHz付近にピークのあるかまぼこ特性で、そのピークの能率が110dBくらいで、再生帯域(約200Hz〜6kHz)平均では100dB強といったところですので、60W(こういうアンプの表記は定格出力が多く、その場合瞬間にはもっと出ます)で+18dBとして120dB。60m先なら3600分の1で約−36dBなので84dBと十分なのでは?
また広帯域のスピーカーと併用すると、そちらの高音や低音もそれなりに聞こえてくるのでトランペットスピーカーのみの場合よりも癖の少ない音が聞けるし、ある程度のトランペットスピーカーの音質を確保できれば逆に大口径ウーハーの中音域の弱点も補える場合もあります。

なお、聞こえてくる複数のスピーカーの距離差を10m以内にすると音ずれの違和感を抑えられます。

名前:
take
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2012/09/22 20:34:22
記事No.:56330
宇宙人さん、XLRさん
ありがとうございます

予算の関係上、やはりCP12MPを2個購入したいと思います
ハイインピーダンスアンプはありませんでしたが、ヤマハの10インチのパワードスピーカーが1台ありましたので、パワードスピーカー3台でなんとかしてみます
名前:
無知陳謝
いいえ[ 0 ]
はい[ 0 ]
このメッセージは参考になりましたか?
登録日:
2021/10/11 10:14:50
記事No.:66528
すみません。DJ機器、音響機器の質問ですが、現在djミキサーからパワードミキサーに繋ぎスピーカーに繋げているのですが、音がポッポッポッポと途切れたり音が掠れてノイズが入ります。
原因がケーブルだと思ったのですが、違く。いま困惑しております。ご親切な方居ましたらご教授くださいますようお願いします。
記事の投稿
名前: